Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 中西 由里
学科 心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 火曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

授業では2つの課題について実習を通して学ぶ。一つは、投影法の心理検査である「P-Fスタディ」であり、二つめは「箱庭療法」についてである。
「PFスタディ」については検査の概略とスコアリング、解釈法について実習をする。
「箱庭療法」についてはクライエント・ロールとセラピスト・ロールについてのロール・プレイを体験し、箱庭療法の実際について学ぶ。

■授業計画

#1.授業に関するオリエンテーション、「PFスタディ」の被験者体験、「箱庭療法体験」の説明
#2.「PFスタディ」についての概説
#3.「PFスタディ」のスコアリング-その1-
#4.「PFスタディ」のスコアリング-その2-スコアリングとGCR
#5.「PFスタディ」のスコアリング-その3-プロフィール分析
#6.「PFスタディ」のスコアリング-その4-反応転移分析
#7.「PFスタディ」の解釈について-その1-特徴の抽出
#8.「PFスタディ」の解釈について-その2-スコアの持つ意味
#9.「PFスタディ」の解釈例について
#10.「PFスタディ」を使った研究について
#11.「箱庭療法」の概説-その1-
#12.「箱庭療法」の概説-その2-
#13.「箱庭療法」に関する研究の紹介
#14.「箱庭療法」に関する体験実習の報告について
#15.授業のまとめと振り返りのセッション

■履修上の注意

「箱庭」体験は、授業時間外で体験して貰います。
PFスタディのスコアリングは、複雑な作業なのでなるべく休まないで下さい。

■授業方法

-

■評価方法

2つの実習課題(「PFスタディ」と「箱庭療法」)のレポートと最終レポート(課題を通しての振り返り)によって評価する。

■授業テーマ

投影法による心理検査(PFスタディ)と箱庭療法に関する実習

■授業の到達目標/育成する能力

「PFスタディ」の被験者とテスター、「箱庭療法」におけるクライエント・ロールとセラピスト・ロールの双方の体験をすることにより、「PFスタディ」と「箱庭療法」についての理解を深め、かつ、自己理解を深めることを目的とする。

■教科書

特に指定しない。
「PFスタディ」のマニュアルについては後期の間一人に1冊貸し出しを行う。
「箱庭療法」についてはプリントを用いて説明する予定である。

■参考書

適宜授業時間内で紹介をする。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ