Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 舛田 亮太
学科 心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

本授業では、臨床心理学を学ぶ上で重要な解離の問題を扱う。解離に関する文献事例を収集し、グループで議論することで事例への援助法の理解を深める。また、収集した文献事例について、基礎的な統計解析を用いてその特徴を明確化する。

■授業計画

1.オリエンテーション、自己紹介、グループ分け
2.解離に関する講義1 さまざまなアセスメント法
3.解離に関する講義2 さまざまな心理療法
4.解離に関する視聴覚教材を用いた模擬アセスメント、援助法の考案 その1
5.解離に関する視聴覚教材を用いた模擬アセスメント、援助法の考案 その2
6.解離の援助事例文献の収集について説明とグループごとの作業の指示
7.グループ1の文献事例発表と収集状況報告
8.グループ2の文献事例発表と収集状況報告
9.グループ3の文献事例発表と収集状況報告
10.グループ4の文献事例発表と収集状況報告
11.グループ5の文献事例発表と収集状況報告
12.グループ別作業 収集した文献事例の合成、統計手続き、事例が少ない場合は追加収集
13.グループ別作業 収集した文献事例の合成、統計手続き
14.全グループの文献事例の合成と統計手続き
15.まとめ

■履修上の注意

実際の臨床現場における解離に関する文献事例を読みこなしていくため、自分でも思った以上に疲れたり、きつくなってしまうことも予想されます。自分の体調に十分きをつけながら授業内外での学習を進めてください。またグループ学習では、一部の人に負担が集中しないよう、協力して作業を進めてください。

■授業方法

-

■評価方法

グループ作業への貢献度(50%)、グループ別の発表(25%)、質問・意見(25%)

■授業テーマ

解離に関する文献事例調査と心理学研究法の学習

■授業の到達目標/育成する能力

解離の文献資料について、グループで調査・分析を行うことで、1.実際の心理療法の流れを理解できること、2.文献研究に関する基礎的な分析手続きについて理解できるようになること

■教科書

指定しない

■参考書

作業進度に応じて、講師より適宜指示を行う。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ