Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 三浦 隆宏
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

「人間関係」や「心理」にかかわる問いを、自問自答して考えるのではなく、人々と対話をしながら具体的に考えることを、「哲学カフェ」の手法を用いながら試みる。後期はとくに、哲学カフェの場所やテーマ、進行役の役割といった論点について考えるとともに、実際に学外で哲学カフェを開くための企画案を作成、実施することに取り組む。

■授業計画

1.イントロダクション:前期の振りかえり
2.哲学カフェ(1)の実践
3.哲学カフェ(1)の振りかえりと分析
4.哲学カフェの場所、テーマについて
5.哲学カフェの企画案の作成
6.哲学カフェ(2)の実践
7.哲学カフェ(2)の振りかえりと分析
8.哲学カフェにおける進行役の役割について
9.(学外での)哲学カフェの振りかえりと分析
10.哲学カフェ(3)の実践
11.哲学カフェ(3)の振りかえりと分析
12.(学外での)哲学カフェの振りかえりと分析
13.「公共的な対話」の有効性についての検討
14.「コミュニケーション能力」の引き出し方について
15.後期のまとめ

■履修上の注意

なるべくケースメソッドⅠを受講していることが望ましい。

■授業方法

-

■評価方法

授業への取り組み具合60%と期末のレポート40%を合算して評価する。

■授業テーマ

公共的な対話活動の理論と実践Ⅱ

■授業の到達目標/育成する能力

自分の考えを口頭でわかりやすく人々に伝えられるようになること。自分自身のまた人々の「コミュニケーション能力」を引き出すための工夫について考えられるようになること。

■教科書

カフェフィロ編『哲学カフェのつくりかた』大阪大学出版会

■参考書

授業中に適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ