Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 加藤 憲
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 金曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

レポート(論文)作成や研究発表に向け、MS-ExcelやSPSSを用いての基本的な統計処理について学習する。

■授業計画

1. オリエンテーション
2. 統計学の復習(記述統計)
3. MS-Excel(データ入力・記述統計・図表作成)
4. 統計学の復習(仮説検定)
5. SPSS(データ入力・記述統計)
6. SPSS(相関分析)
7. SPSS(カイ2乗検定)
8. SPSS(t検定)
9. SPSS(一元配置分散分析)
10. SPSS(実践I)
11. SPSS(実践II)
12. SPSS(実践III)
13. SPSSの復習
14. 分析結果のまとめ方
15. まとめ

■履修上の注意

電子メールの操作方法が分からない場合は、オリエンテーション時に申し出ること。不必要な私語は慎むこと。

■授業方法

-

■評価方法

授業への出席態度ならびに練習問題の提出状況(10%)、ならびに2つの課題(30%と60%)により評価する。

■授業テーマ

医療・保健・福祉サービス研究における統計解析の実践

■授業の到達目標/育成する能力

1) コンピュータを用いて基本的な統計処理ができるようになる。2) 具体的には、Microsoft Excelや統計ソフトウェアパッケージであるSPSSの基本的な使い方を身につけることが目標になる。

■教科書

指定しない

■参考書

藤田和夫・藤田智恵子・高柳良太『調査研究ステップアップ パソコンを使えばこんなに簡単』 (日本看護協会)
酒井麻衣子『SPSS完全活用法 データの入力と加工 第2版』(東京図書)
小塩真司『SPSSとAmosによる心理・調査データ解析』(東京図書)
ハンス・ザイゼル『数字で語る』(新曜社)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ