Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 袴田 雅大
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 火曜日 2時限 後期 火曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ロールシャッハ法の実際の事例解釈を通じて,前期のケースメソッドⅠで学んだロールシャッハ法の基本的な分析,解釈の方法を定着させ,より深めていく。実際の臨床像とロールシャッハ上の特徴の対応や,実際の現場でロールシャッハ法を用いる際の意義やポイントの習得にも重点を置く。

■授業計画

1. 授業概要説明、事例検討1-1
2. 事例検討1-2
3. 事例検討2-1
4. 事例検討2-2
5. 事例検討3-1
6. 事例検討3-2
7. 事例検討4-1
8. 事例検討4-2
9. 事例検討5-1
10.事例検討5-2
11.事例検討6-1
12.事例検討6-2
13.事例検討7-1
14.事例検討7-2
15.まとめ、要点の振り返り
※ 事例は年齢別(思春期,成人など),病態水準別,疾患別,過去の人物の事例などを適宜用いる予定である。
前期の量的分析の振り返りも意識するが,被検者の体験の流れを推測する継起分析を意識した学習も心がける。
また,初期に図版づくり体験を導入する予定である。

■履修上の注意

※ 平成29年度は,袴田のケースⅡは後期に2コマ開講されています(火曜の2限ないし3限)。
いずれも基本的に同じ内容となりますので,受講される方は,いずれかを受講してください。
※ロールシャッハ法はその習得に難しさが伴うのは確かですが,非常に奥深さがあり,また臨床実践上ないし臨床技術の習得に役立つテストです。
その奥深さを少しでも感じ,ロールシャッハ法に興味を抱いて頂けるような授業を目指しています。

■授業方法

-

■評価方法

半期終了時のレポート70%(配布する事例を基に作成したレポート)、平常点30%(授業態度等を考慮したもの)による評価を行う。

■授業テーマ

投映法演習

■授業の到達目標/育成する能力

前期のケースメソッドⅠ(馬場)で学んだロールシャッハ法の基本的な分析,解釈方法を定着させること。同時に実際の現場でロールシャッハ法を用いる際の意義やポイントを習得すること。

■教科書

基本的に前期のケースメソッドⅠ(馬場)のテキストを引き続き用いる予定である。
必要が生じた際は,授業中に適宜指示する。

■参考書

授業中に適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ