Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 馬場 誉史亞
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 金曜日 3時限 前期 金曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

代表的な投映法検査であるロールシャッハ・テストの実施法、整理法を学び、一通り自分で行えるようにする。またテスト解釈の基礎を学び、概ねテスト体系を理解する。授業時間外にも各自でのテスト体験・実習が課せられる。

■授業計画

1.各種投映法の紹介,ロールシャッハ・テストの概略説明
2.検査の準備・実施の仕方  (以下,すべて片口法に基づいた内容となる)
3.スコアリング(記号化)の仕方~反応領域
4.スコアリング(記号化)の仕方~反応決定因1
5.スコアリング(記号化)の仕方~反応決定因2
6.スコアリング(記号化)の仕方~反応決定因3
7.スコアリング(記号化)の仕方~反応内容・形態水準など
8.スコアリング(記号化)の実践練習
9.集計の仕方と実践練習1
10.集計の仕方と実践練習2
11.結果の分析の仕方      ~形式分析1
12.結果の分析の仕方      ~形式分析2  
13.結果の分析の仕方      ~継列分析1
14.結果の分析の仕方      ~継列分析2
15.結果の分析の仕方      ~総合(まとめ)分析

■履修上の注意

「インクのしみ」テストであるロールシャッハテストは,さまざまな臨床現場で用いられる代表的な心理テストです。非常に奥が深く,使いこなすには継続的な鍛錬が必要ですが,まずここでは「インクのしみ」に魅力を感じる学生,何か専門的なテスト技法にしっかり取り組んでみたい学生,専門家を目指す学生に積極的に受講してほしいと思います。なお,この基礎編からさらに学習を進めたい人,特に進学して専門家を目指す人には,引き続いて後期ケーメソッド(袴田雄大)で行うロールシャッハテスト事例に即した実践的学習を合わせて,一貫的に受講することを勧めます。

■授業方法

-

■評価方法

半期終了時のレポート課題(テスト事例の結果整理)の評価を中心に(70%)、授業態度(30%)を含めて総合的に評価する。

■授業テーマ

ロールシャッハ・テストを学ぶⅠ(基礎編)

■授業の到達目標/育成する能力

ロールシャッハ・テストの学習を通して,投映法検査の基礎的技術を身に付ける。特に進学して専門家を目指す学生は今後将来にわたって必要となる心理査定技術の足がかりを作る。

■教科書

授業中に指示する。

■参考書

授業中に指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ