Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 若山 隆
学科 心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ピア関係での相談(ピアカウンセリング・ピアサポート)は、日常的なものもあるが、ある程度の訓練を前提に大学内(学校内)などで、行うこともある。その際、傾聴技法をはじめとしたカウンセリングの基礎をじっくり学ぶことからはじめて、その後、様々な有効な技法等を学ぶことが大切である。前期は主に、1対1で行われるピアカウンセリングを想定して授業を進めていきたい。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.ピアカウンセリングとは-身近なところから考える-
3.相談の場づくり1-パーソナルスペースの大切さ-
4.相談の場づくり2-理想的な相談室とは?-
5.傾聴技法 非言語的1-視線、表情、声などを大切に-
6.傾聴技法 非言語的2-気持ちを伝える難しさ-
7.傾聴技法 言語的1-質問の大切さ-
8.傾聴技法 言語的2-明確化を中心に-
9.様々な技法1-アサーション-
10.ロールプレイ1-学業の問題-
11.様々な技法2-心の空間づくり-
12.ロールプレイ2-大学生活の問題-
13.様々な技法3-マインド・フルネス-
14.ロールプレイ3-対人関係の問題-
15.まとめ.

■履修上の注意

欠席の場合は、事前に知らせる(出席人数をあらかじめ知っておきたい)

■授業方法

-

■評価方法

授業内でのワークやロールプレイの参加度や最終のレポートでの評価

■授業テーマ

ピア・カウンセリングの基本を学ぶ(ピアカウンセラー入門)

■授業の到達目標/育成する能力

カウンセリングの基礎を学び、学内外でのピア(先輩と後輩、仲間どうし等)関係の中での相談などが有意義にできピア・カウンセラーとして活動できることを目標にしたい。特に傾聴能力の他安心で安全な場づくりや問題に応じて技法が使えるようになりたい。

■教科書

特になし

■参考書

特に指定しない

■WEBページ

-

 
ページTOPへ