Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

演習I

担当者 小榮住 まゆ子
学科 人関
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

授業前半は、エゴグラムやエニアグラム等様々なツールを介して自己覚知を行う。授業後半は、他者へのアセスメント体験や視聴覚教材等を介して他者理解の視点や方法を学ぶ。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.自己覚知 エゴグラム
3.自己覚知 エニアグラム
4.自己覚知 愛着パターン
5.自己覚知 他者からみる私
6.自己覚知 私を理解する
7.自己覚知 グループワーク
8.他者理解 アセスメントの視点
9.他者理解 アセスメントの方法
10.他者理解 事例検討①
11.他者理解 事例検討②
12.他者理解 アセスメント体験①
13.他者理解 アセスメント体験②
14.他者理解 グループワーク
15.まとめ

■履修上の注意

グループワークや2人1組のロールプレイ等主体的、協働的に学ぶので積極的に授業参加しましょう。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加態度、貢献度50%、発表内容50%をもとに総合的に評価する。

■授業テーマ

専門職としての自己覚知と他者理解

■授業の到達目標/育成する能力

福祉専門職として必要な自己覚知を行い、自身の価値観や思考、行動パターンを理解するとともに専門職としての価値、倫理観を修得する。また、支援に不可欠な他者理解を様々な事例から深め、多様な生き方、多層な生活世界を理解する。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ