Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

演習I

担当者 谷口 功
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

地域の文化と活動は、互いに影響を与えながら構築されている。まちの景観(風景)、祭り、住民活動、行政施策、企業活動など、地域社会を形成する構成要素は、それに携わる人々の「思い」や「意志」によって特徴づけられている。そしてそれは一様ではなく、多様な地域性を発揮する。グローバル化がすすみ、社会の流動性が高まるなか、地域における「変わっていくもの」、「変わらないもの」を見出していく。そして、コミュニティデザイン、さらにはコミュニケーションデザインの可能性を検討する。

■授業計画

1. ガイダンス
2. まちの景観から考える①
3. まちの景観から考える②
4. まちの景観から考える③
5. 小まとめ
6. 地域の歴史から考える①
7. 地域の歴史から考える②
8. 地域の歴史から考える③
9. 小まとめ
10. 祭りの社会的意味①
11. 祭りの社会的意味②
12. 小まとめ
13. 地域イベントの可能性①
14. 地域イベントの可能性②
15. まとめ

■履修上の注意

演習Ⅱを受講することがのぞましい。
自分が住むまちの個性について考えてみて下さい。

■授業方法

-

■評価方法

報告内容(50%)やレポート(50%)などによって総合的に評価する。

■授業テーマ

地域の文化と活動を学ぶ

■授業の到達目標/育成する能力

文化や活動から地域性をよみとる力量を身につける。

■教科書

授業内に指示する

■参考書

適宜指示する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ