Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

演習II

担当者 向井 一夫
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

本演習は、子ども、家族、親子関係、しつけ、学校、生涯学習などにかかわる文献、資料を分析することによって、柔軟で多様な視点を培い、現代の子ども、家族、学校の抱える問題点を鮮明にすることを目的とする。文献、資料を分析する際には、わが国だけを視野に入れるのではなく、外国の事例と比較しながら、また、現在だけでなく過去も考慮に入れて分析してゆきたい。

■授業計画

1.文献・資料・データなどの紹介
2.文献・資料・データの分析
3.各自が取り上げる文献・資料・データの決定
4.文献・資料・データに基づく発表と討論
5.文献・資料・データに基づく発表と討論
6.文献・資料・データに基づく発表と討論
7.文献・資料・データに基づく発表と討論
8.文献・資料・データに基づく発表と討論
9.文献・資料・データに基づく発表と討論
10.文献・資料・データに基づく発表と討論
11.文献・資料・データに基づく発表と討論
12.文献・資料・データに基づく発表と討論
13.文献・資料・データに基づく発表と討論
14.文献・資料・データに基づく発表と討論
15.まとめ

■履修上の注意

参考となる資料・文献については、個別に紹介する。/
活発な討論を期待しています。

■授業方法

-

■評価方法

演習での発表内容(70%)、ディスカッションへの参加度(30%)、などをもとに総合的に評価する。

■授業テーマ

子ども・家族・学校に関する演習(2)

■授業の到達目標/育成する能力

子ども、家族、学校、ライフスタイルの変容にかかわる文献、資料を取り上げ、それらをみんなで購読することによって、さまざまな角度から分析し、検討する力を身に付ける

■教科書

指定しない。

■参考書

使用する資料・データはプリントして配布する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ