Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

演習I

担当者 五百部 裕
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

生物としての「人間」が持つ特徴を、「進化」というキーワードに基づいて学ぶ。すなわち、人間の生物学的理解を主題とする。具体的には、人間と人間に近縁な大型類人猿(チンパンジーやゴリラなど)を比較しながら、人間に見られる諸特徴がどのように進化してきたかを考察する。取り上げる個別のテーマは、受講する学生と相談の上決める予定であるが、以下のようなテーマが考えられる。1)道具使用行動、2)狩猟・肉食行動、3)言語使用行動、4)社会構造、5)性行動など。

■授業計画

1~8回:ビデオ視聴や参考書の講読を通じて、上記の内容についての理解を深める。
9・10回:東山動物園において、パンラボの見学。
11~15回:学生それぞれが個別のテーマを設定し、その内容について調べ、結果を口頭によるプレゼンテーションによって発表し、議論を展開する。

■履修上の注意

人間の進化、とくに社会や性、心の進化や大型類人猿をはじめとする「サル」の行動に関心のある学生の受講を求める。期間中の土曜日、または日曜日に東山動物園での見学を1日行うので、日程調整が可能なようにしておくこと。

■授業方法

-

■評価方法

レポート試験の成績(70%)とプレゼンテーションの内容や討論への参加状況、受講態度(30%)。

■授業テーマ

人間の生物学的理解

■授業の到達目標/育成する能力

人間を生物学的に理解することができるようになる。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。必要となる参考書はその都度示す。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ