Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 小倉 祥子
学科 人関
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

各自の問題意識を明確にし、テーマをしぼり、卒業論文として完成させること。
過去のテーマ例…「職場のハラスメント」「管理職女性の実態」「都道府県ごとの子育て環境の違い」「映画からみる働く女性像の変化」「仕事と子育ての企業内両立支援」「男女間賃金格差」「男性の育児休業取得のすすめ」など。
主に労働市場における女性の雇用労働に関する問題に関するテーマを扱う。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.卒業論文作成のスケジュールについて
3.卒業論文テーマ設定
4.先行研究の検索
5.先行研究の分析
6.研究方法の決定
7.仮アウトラインの作成
8.資料収集
9.中間報告会
10.仮アウトラインの修正
11~14.各自作業・個別指導
15.前期終了報告会
16.夏ゼミ(3、4年生合同ゼミ)
17~29.個別指導による卒業論文作成
30.完成・提出

■履修上の注意

卒業論文の作成は、多くの文献による先行研究、資料収集、その後執筆と、時間・気力・体力が必要となる作業である。
10年後に読み返し、満足できるものを目指して取組みましょう。

■授業方法

-

■評価方法

卒論作成への姿勢、完成度によって評価する。

■授業テーマ

雇用されて働く女性の課題とは

■授業の到達目標/育成する能力

これまで学習してきた講義・演習・ケースなどから、雇用されて働く女性の課題について、特に興味・関心の深いテーマについて、一年かけて探究する。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ