Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 手嶋 雅史
学科 人関
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

主に社会福祉問題についての問題把握・分析能力を高め、必要に応じフィールドワーク等を実施する。自分たちで選んだテーマで、資料探し、文献読解、報告して、同様に議論する。その成果は中間報告等で発表していく。発表では、問題設定、仮説、資料収集、検証の流れを明らかにし、口頭でのコメントの仕方と応答の仕方を学ぶ。そして個別指導も加え卒業論文を作成する。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.個々の関心テーマの明確化(ブレインストーミング)
3.個々の関心テーマの明確化(レジュメ作成)
4.個々の関心テーマの明確化(個別報告)
5.フィールドワーク(興味分野1)
6.フィールドワーク(興味分野2)
7.研究デザインとは
8.研究方法とは
9.調査データの集計とは
10.研究計画書とは
11.研究計画書の作成
12.中間プレゼンテーション1
13.中間プレゼンテーション2
14.中間プレゼンテーション3
15.まとめ
16.研究課題の確認
17.研究計画書の作成見直し
18.個人計画書発表1
19.個人計画書発表2
20.個別指導1-1
21.個別指導2-1
22.個別指導3-1
23.プレゼンテーション1
24.プレゼンテーション2
25.個別指導1-2
26.個別指導2-2
27.個別指導3-2
28.抄録作成1
29.抄録作成2
30.まとめ

■履修上の注意

一気に卒論を書き上げることは大変なことです。一歩進み、そしてまた一歩。諦めないで根気よく積み重ねていきましょう。

■授業方法

-

■評価方法

卒業論文作成過程の姿勢(30%)と論文の内容(70%)によって評価。

■授業テーマ

卒業論文

■授業の到達目標/育成する能力

これまで探求してきた各自の興味や関心を、理屈にあった考え方や、さまざまな知識から十分時間をかけ、論文にまとめる。

■教科書

指定しない。

■参考書

適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ