Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 向井 一夫
学科 人関・心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

これまで興味・関心・疑問をもったテーマ、事例について、卒業論文としてまとめていくプロセスでの相談、助言を行う。
指導の具体的プロセスは、1)テーマの設定の相談、2)資料・データの収集方法、3)資料・データの読み方、解釈の仕方、4)論文の構成、5)論文の書き方、などである。なお、テーマ設定、資料・データの収集には、インターネットなどの情報収集ツールをフルに活用してもらう。
これまでの卒論の主なテーマは、子どもと家族、親子関係、しつけ、児童虐待、フランスの家族・子育て事情、保健室登校、ネットいじめ、現代女性の結婚観、小学校での校内暴力、不登校、育児の国際比較、教育格差などである。
レポートではない、「論文」を書く醍醐味を味わってみましょう。

■授業計画

1.ガイダンス、今後の進め方
2.卒論テーマの決定と相談
3.卒論テーマの決定と相談
4.卒論テーマの決定と相談
5.資料の検索、収集と分析
6.資料の検索、収集と分析
7.資料の検索、収集と分析
8.資料の検索、収集と分析
9.資料の検索、収集と分析
10.資料の検索、収集と分析
11.資料の検索、収集と分析
12.資料の検索、収集と分析
13.資料の検索、収集と分析
14.卒論の進捗状況の報告
15.卒論の執筆とその指導
16.卒論の執筆とその指導
17.卒論の執筆とその指導
18.卒論の執筆とその指導
19.卒論の執筆とその指導
20.中間報告会
21.中間報告会
22.卒論の執筆とその指導
23.卒論の執筆とその指導
24.卒論の執筆とその指導
25.卒論の執筆とその指導
26.卒論の執筆とその指導
27.卒論の執筆とその指導
28.卒論の執筆とその指導
29.卒論の完成とその報告
30.卒論の完成とその報告

■履修上の注意

卒論で扱うテーマについて、文献だけでなく、幅広く新聞やニュース報道などにも注意を払って下さい。/はじめての「論文」を書く楽しさを味わって下さい。

■授業方法

-

■評価方法

論文の完成度。

■授業テーマ

卒業論文の作成

■授業の到達目標/育成する能力

個々の関心にしたがって、テーマを考え決定する構想力と思考力、資料を探索する技法、卒業論文として仕上げる力を身につける

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ