Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 中西 由里
学科 心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

担当者の専門は発達臨床心理学である。子どもの発達や障害、親子関係、子育て支援などのテーマを歓迎する。

■授業計画

前期は、心理学の研究の進め方、文献の探し方、問題の設定の方法についてや、研究法について、テキストを参考にしての講義を織り交ぜながら、各自の問題意識を絞っていく作業を行っていく予定である。
後期は、具体的に卒業論文作成に至るように問題意識から研究にまとめていく作業を行っていく予定である。
毎回各自の問題意識や現在読んでいる文献等について簡単なレジュメを用意することが望ましい。
<前期>
#1:各自の研究テーマの紹介
#2:研究テーマ・課題についての文献検索
#3:研究の進め方・文献の探し方(講義)
#4:研究の進め方・文献の探し方(講義)
#5:文献購読とまとめ(学生による発表)
#6:文献購読とまとめ(学生による発表)
#7:文献購読とまとめ(学生による発表)
#8:文献購読とまとめ(学生による発表)
#9:研究計画のプランニング
#10:研究計画のプランニング
#11:研究計画のプランニング  
#12:研究計画のプランニング
#13:研究方法についての検討
#14:研究方法についての検討
#15:各自の研究計画の発表
<後期>
後期は個別指導と全体指導を組み合わせて授業を進めていく。
#1:各自の研究課題の実習
#2~#5:各自の問題設定について、研究法の設定などについて
#6~#10:具体的な研究計画の設定、データ収集法について
#11~#13:データの処理について
#14~#15:卒業論文の執筆、抄録の作成、プレゼンテーションの方法について

■履修上の注意

心理学の中で、自分が今関心を持っている領域についての論文や専門書に目を通しておいて下さい。

■授業方法

-

■評価方法

①授業でのレジュメを用いての発表、②卒業論文・抄録の作成、③卒論発表会での発表、の三点から総合的に評価する。
どの程度主体的に卒論を作成したのかについても評価する。

■授業テーマ

卒業論文の作成

■授業の到達目標/育成する能力

心理学の研究方法についての理解を深めつつ、各自のテーマに基づき、研究計画を立て、データを収集し、整理、分析をして論文を完成させることを目指す。また、抄録の作成や卒論発表会に向けて、プレゼンテーション力も身につけることを目指す。

■教科書

B.フィンドレイ著『心理学 実験・研究レポートの書き方』(北大路書房)

■参考書

櫻井広幸・神宮英夫『使える統計~Excelで学ぶ実践心理統計』(ナカニシヤ出版)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ