Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 舛田 亮太
学科 心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

卒業論文の準備を行う。各自の興味に従い、専門的論文を踏まえ、卒業論文のテーマとして絞れるように進めていく。それらを踏まえて研究計画を立て、学期の終わりには発表会で計画を発表する。

■授業計画

前期
1.初回説明 連絡網作り 1.研究計画書提出の説明 2.レジュメの作り方説明 3.書類を入れるファイル(2つ穴)、USB(2つ:バックアップ用)を準備 毎回持参
2.図書館オリエンテーションと研究計画書提出
3.提出した研究計画書に基づく参考文献の紹介
4.文献発表1
5.文献発表2
6.文献発表3
7.文献発表4
8.調査/実験準備1
9.調査/実験準備2
10.調査/実験準備3
11.発表資料作成1
12.発表資料作成2
13.ゼミ内発表会
14.発表会時のコメントに対する修正1
15.発表会時のコメントに対する修正2
後期
1.初回説明 後期の予定決め
2.データ解析1
3.データ解析2
4.データ解析3
5.データ解析4
6.本文作成1
7.本文作成2
8.本文作成3
9.本文作成4
10.卒業論文の最終確認1
11.卒業論文の最終確認2
12.ゼミ内発表会1
13.ゼミ内発表会2
14.発表会時のコメントに対する修正1
15.発表会時のコメントに対する修正2

■履修上の注意

担当教員の専門は臨床心理学です。これまで担当教員が指導してきた卒業論文については、青年期の友人関係、親子関係、劣等感、自己愛、ピアサポート、心理教育テキスト(ストレスマネジメント、アサーション)や学生相談室利用促進冊子の作成とその効果検討などです。基本的にはテーマは自身の興味に従って決めて頂きたいと思います。従って、興味のあるテーマについて、広く情報を集め、問題意識を深めてください。また、夏休みを含め、授業時間以外にも積極的に取り組んで頂きたいと思います。

■授業方法

-

■評価方法

前期:1.毎回の発表と作業進度 2点×15=30点 2.研究計画書提出 10点 3.ゼミ内発表30点 4.発表後修正30点
後期:1.毎回の発表と作業進度 2点×15=30点 2.ゼミ内発表20点 3.発表後修正と印刷作業 10点 4.発表練習 10点 5.発表会 30点

■授業テーマ

臨床心理学研究法の習得と卒業論文の完成

■授業の到達目標/育成する能力

卒業論文の作成を行うことで、文献収集、統計解析、論文作成、研究発表の基礎的スキルを身につける。

■教科書

指定しない

■参考書

必要な参考書は適宜指示を行う。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ