Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 三井 悦子
学科 人関・心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

広い意味でのスポーツやからだに関係することがらを対象とします。それによって「生」が充実したり、何かが埋め合わせられ、満たされ、バランスをとりもどす人間という存在、あるいは、結びつこうとしたり、しりぞけあったりする人間関係の不思議、などに興味がある人、そして自分にとって本当に解決したい問題に積極的に取り組もうという人を歓迎します。

■授業計画

前期
1  イントロダクション
2・3・4  
  各自の関心のテーマ化
  問題意識の整理
  発表と意見交換
5・6・7・8
  テーマ決定
  資料収集と整理
  発表と意見交換
9・10・11
  タイトル決定
  「はじめに」を書く
12・13・14  
  章立てと各章のプロットを書く
15 夏期休暇中の課題整理
後期
1  経過報告
2・3・4
  中間発表と意見交換
5・6・7・8
  プロットを肉付け文章化する
  章立ての調整など
9・10・11
  第1稿の仕上げ
12・13
  推敲、論文提出
14 発表と発表資料の準備
15 卒業論文の発表

■履修上の注意

後期は各自の進度に合わせて個別指導を行うので、授業日時はこれに限らず適宜設定します。
一万二千文字の中に「きらりと光る」一文を期待しています。

■授業方法

-

■評価方法

提出論文と論文作成への積極的な取り組みを合わせて、総合的に評価する。

■授業テーマ

生きる歓び、スポーツ、からだ、私であること・つながること

■授業の到達目標/育成する能力

ものを考え、書き、伝えるということのおもしろさや難しさを十分に味わい体験すること。そのための方法や技術、知識を獲得する。そして、関心をもち、深め、取り組み、仕上げる。 その過程で、新しい自分を発見していくような、問題に主体的に取り組む態度と志向性をつちかう。

■教科書

指定しない。

■参考書

適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ