Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 山根 一郎
学科 心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

対応可能なテーマとして、パソコンを使った音や環境心理の実験、皮膚温・心拍変動などによるストレス軽減効果測定、防災、作法、行動経済学など。テーマ設定は春休み前から開始し、4年次の前期にじっくり時間をかけて納得のいくものにする。

■授業計画

1.自己紹介
2.論文の構成と表現法
3.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
4.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
5.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
6.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
7.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
8.中間発表
9.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
10.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
11.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
12.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
13.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
14.問題部分の作成(一斉指導と個別指導)
15.構想発表
16.方法の検討
17.質問紙の作成方法
18.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
19.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
20.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
21.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
22.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
23.方法部分の作成(一斉指導と個別指導)
24.データの分析法
25.結果部分の作成(一斉指導と個別指導)
26.結果部分の作成(一斉指導と個別指導)
27.考察部分の作成(一斉指導と個別指導)
28.文献リストの書き方
29.抄録の書き方
30.発表資料の作成

■履修上の注意

前・後期ともに毎週金曜3限にゼミを行なうので、他の授業は重ねて履修できない

■授業方法

-

■評価方法

論文の内容を主たる評価対象とするが、ゼミでの指導を前提とする。

■授業テーマ

卒業論文の作成に至る技能を身につける。

■授業の到達目標/育成する能力

学術的な論文を作成するための一連の研究課程を実体験することにより、高度な思考・判断、情報収集、分析手法、表現技能を養う。

■教科書

指定しない

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ