Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

卒業論文

担当者 李 敏子
学科 心理
学年 4
開講期 通年
単位数 8 単位
開講日 通年集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

文献研究や調査研究の方法について指導する。まずは、各自が関心のあるテーマを選び、文献を読んでレジュメを作成し発表する。最初は漠然としている問題・関心を全員で討論することによって明確にしていく。先行研究を読むことにより問題が定まったら、どのような方法を用いるのが適切かを議論して考えていく。方法の決定、結果の分析、考察まで指導して、論文を仕上げる。

■授業計画

前期
第1回 卒論へのとりくみ(ガイダンス)。先行研究の引用の仕方などの基本的事項について指導する。
第2~5回 個別指導により問題を絞り込み、各自がテーマにそった文献を集めて読む。
第6~13回 「問題と目的」のレジュメを作成して発表し、全体で討論を行う。
第14~15回 個別指導
後期
第1~7回 「問題と目的」「方法」「結果と考察」について発表形式で討論を行う。特に調査研究では、結果の分析方法について指導する。
第8回以降 卒論の完成に向けて、主として個別指導を行う。論文を提出してもらい、添削指導を行う。

■履修上の注意

個別指導を受けに来ること。特にレジュメの作成においては事前に指導を受けること。

■授業方法

-

■評価方法

卒業論文への取り組み方(20%)、発表内容(20%)、卒業論文の内容(60%)により、総合的に評価する。

■授業テーマ

心理学の研究論文の作成

■授業の到達目標/育成する能力

心理学の研究法についての基本的な知識と理解を深め、心理学の研究論文を作成するための方法を実践的に習得することを目的とする。問題の立て方や分析方法、論文の記述方法を身につけることにより、研究に必要な客観的な態度やものの見方を育成する。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ