Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会科・公民科の指導法II

担当者 西口 正文
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

高等学校公民を通しての学びの文化と論理をめぐって、教養を(=実践のための見識を)深めること。これがねらいだ。
ほかならぬこの身にとって≒実存にとって、ほんとうに学び獲得するねうちのある社会科学的・社会哲学的・倫理学的認識とは? この問いこそが、この授業科目で試みることすべての基底に位置づくことになる。
上記の問いへの解を探るにあたって、まずは「学習指導要領」と「指導要領解説」を精読し、懐疑的で批判的な構えを以って考え、それをふまえて対話すること(議論すること)。これが授業内容である。

■授業計画

以下に記すのはあくまで計画であり、教員を交えた学び手たちの相互行為の過程では、大いなる変更も生じ得る。
そのことは、授業が一方的な伝達行為ではなく、そこに集う者の間の対話であろうとする場合には、当然に想定されることだ。
1.授業者にとっていかなる質の問題感覚と教養が必要となるか
2.高等学校学習指導要領「公民」に底流する発想の質を問う
3.文部科学省『高等学校学習指導要領解説 公民編』の全体構成を知る
4.『高等学校学習指導要領解説公民編』中の「現代社会」の箇所を分析する
5.「現代社会」の授業を、学習指導要領の限界を超えて(=批判的に)創り出すための手がかり(1)
6.同上(2)
7.同上(3)
8.『高等学校学習指導要領解説公民編』中の「倫理」の箇所を分析する
9.「倫理」の授業を、学習指導要領の限界を超えて(=批判的に)創り出すための手がかり(1)
10.同上(2)
11.同上(3)
12.「現代社会」・「倫理」について、指導要領という桎梏を乗り越える授業構想は、いかにして可能か(1)
13.同上(2)
14.同上(3)
15.学びの文化と論理を再考する
[授業づくりについての総括]

■履修上の注意

特記事項なし/
“背伸びとジャンプ”の心構えで、すこし複雑な思想に挑戦しよう。

■授業方法

-

■評価方法

考えた成果をレポートにまとめて提出する。

■授業テーマ

公民科「現代社会」・「倫理」・「政治・経済」の授業を創るとは

■授業の到達目標/育成する能力

高等学校公民について、授業研究の方法を獲得すること /批判的思考・判断 探究的な態度・志向性

■教科書

文部科学省『高等学校学習指導要領解説 公民編』教育出版
『高等学校新現代社会(最新版)』清水書院←ただし、これは購入しなくてもよい。授業担当者が用意する。

■参考書

高等学校倫理の教科書(文部科学省検定済)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ