Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会科・地歴科の指導法I

担当者 稲垣 知子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

各国の歴史教育のあり方や歴史教科書を比較しながら、社会科という科目の特徴や我が国の歴史教育の特徴を解説するとともに、我が国の社会科教育・地歴科教育の変遷を振り返りながら、新しい時代に要求される「社会科」「地歴科」教育の在り方をともに考えたい。

■授業計画

1.ガイダンス
2.社会科という科目の特徴
3.教科書から見た各国の歴史教育①[各国の歴史教育制度の比較]
4.教科書から見た各国の歴史教育②[教科書の内容比較]
5.教科書から見た各国の歴史教育③[日本の歴史教育の特徴]
6.教科書から見た各国の歴史教育④[歴史教育の新たな試み]
7.地歴教育の歴史①[戦前]
8.地歴教育の歴史②[戦後]
9.課題レポートの講評(理解を誤っていた部分について復習しておくこと)
10.学習指導要領の時代変遷①[昭和]
11.学習指導要領の時代変遷②[平成]
12.現行の学習指導要領[学習指導要領の見方](事前に文部科学省のウェブサイトに掲載の学習指導要領を印刷してくること)
13.現行の学習指導要領[変更点と変更内容の解説]
14.学習指導要領と教科書の関係①[検定基準と学習指導要領]
15.学習指導要領と教科書の関係②[学習指導要領と教科書]

■履修上の注意

出席は毎回とる。/
外国でも歴史の教え方は、日本と同じなのでしょうか?
歴史教育には様々な方法があることや、意外に知らない日本の教科書記述の特徴を知り、社会科・地歴科教育に関する視野を広げて下さい。

■授業方法

-

■評価方法

課題レポート等の提出物(7割)、授業内に配布するコメント用紙の記載等(3割)で総合的に評価する。

■授業テーマ

我が国及び各国の社会科教育

■授業の到達目標/育成する能力

1.社会科という科目の特徴と我が国の歴史教育の特徴を理解する。
2.マスコミやインターネットの情報をただ鵜呑みにするのではなく、原資料にあたり、自分の目で実際に確かめたり、考えたりすることの重要性を理解する。
3.現行の学習指導要領の内容を理解する。

■教科書

特に指定しない。授業内で配布するプリントをもとに授業を進める。

■参考書

文部科学省『高等学校学習指導要領解説 地理歴史編』(教育出版)平成22年。その他、必要となる参考書はその都度示す。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ