Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

特別活動の指導法

担当者 渡邊 正明
学科 人関・心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

特別活動の特質と教育的意義を理論的視点と実践的視点から考察し、「望ましい集団活動を通して」行う諸活動の内容と指導方法を検討する。また、学級と学校生活における様々な場面で、集団・社会に主体的に関わっていこうとする「自主的、実践的な態度」を育成するための指導展開を考える。

■授業計画

1.授業ガイダンス 教科と教科外 特別活動とは
2.特別活動の特質と教育的意義 特別活動の歴史
3.学習指導要領に見る特別活動のポイント 体験活動・言語活動の重視 個と集団のとらえ方
4.学級活動とは 集団活動の発達的な特質
5.学級活動(1);目標と内容 活動の実際
6.学級活動(2);目標と内容 活動の実際
7.学級活動(3);目標と内容 キャリア教育
8.生徒会活動;目標と内容 組織、内容
9.施設訪問の実施案作成
10.学校行事とは 目標と内容 儀式的行事、文化的行事
11.地域の伝統文化との交流活動の実施案作成
12.健康安全・体育的行事
13.旅行・集団宿泊的行事
14.修学旅行での分散学習の実施案作成
15.勤労生産・奉仕的行事 全体のまとめ

■履修上の注意

特になし/
教師にとって最も大切なことは、子どもを理解することです。様々な学習を通して自分の教育観を築いてほしいと思います。

■授業方法

-

■評価方法

講義の内容が理解できているか、特別活動について自分の考えを持つことができたかを最終レポートを主に評価する。講義でのミニレポートも評価の参考とする。

■授業テーマ

特別活動の概要と指導の実際

■授業の到達目標/育成する能力

特別活動の特質と教育的意義を理解させるとともに、特別活動に属する諸活動を適切に指導することができる知識や技能を習得させる。

■教科書

指定しない

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ