Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

教職実践演習(中・高)

担当者 西口 正文
学科 人関・心理
学年 4
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

受講者が四年次前期終了時までに履修してきた教職課程の科目および課外活動などを通して身につけてきた理論的知見や経験的知見をふまえて、主として四つの部面で教師に期待される実践的力量を獲得することができるように図る。<一>教師にとっての日常的な仕事の中のいくつかの問題場面を取り上げて、教師の使命感や責任感や教育的愛情等の望ましい発揮の仕方について洞察し実践しようとする意欲を育てる、という部面。<二>今日的な教育課題に即して、地域の教育経営システムや単位学校組織における教育関係者間の協働に向けて、貢献することができるようになるための実践的な知見と心構えを育成する、という部面。<三>こども期や青年期における発達の筋道およびそれに随伴する障害に関する科学的知見をふまえ、教科領域と教科外領域を通して効果的な生活指導のあり方を、具体的な問題事象に即して見出すことができるようにする、という部面。<四>学習指導を効果的に行なうことができるように、特定の単元を取り上げ、学習者の知的・情意的関心と教材のもつ価値との結び付け方について実践的な技術を磨く、という部面。

■授業計画

第1回 授業の方向づけ:4年次前期終了時までの教職課程履修を振り返ること、そしてこの演習科目のねらいを提示すること 
第2回 教師としての使命感と責任感の発揮の仕方 
第3回 教育的愛情の望ましい発揮の仕方 
第4回 教師としての使命感と責任感の発揮の仕方、教育的愛情の望ましい発揮の仕方について・その小括 
第5回 教育経営管理をシステムとして(組織として)機能させるための教職員の協働のあり方
第6回 思春期・青年期のひとの発達と心理の特質に適合した生活指導のあり方--- そのⅠ《中学校教員の場合》
第7回 思春期・青年期のひとの発達と心理の特質に適合した生活指導のあり方--- そのⅡ《高等学校教員の場合》
第8回 単元の目標設定と教材決定に照準した学習指導のあり方
第9回 学び手を触発する教材の意味と価値に照準した学習指導のあり方
第10回 倫理的実践としての学習指導のあり方---授業における技術と“自分探し”
第11回 意味を創り出す学習指導のあり方について・その小括
第12回 教職員の協働をめぐる現状と課題
第13回 教員にとっての研修(研究と修養)の意義 
第14回 自分にとって教員資格とは
第15回 教師となること 《全体のまとめ》

■履修上の注意

特記事項なし/
探究的な態度をもって取り組もう。

■授業方法

-

■評価方法

発表と討論に対する参加度とその質や内容を、到達目標に準拠して総合的に評価する。

■授業テーマ

教師としての実践的力量とは

■授業の到達目標/育成する能力

社会的に要請され期待されるところの、教師としての資質・能力を、特にその実践的な面に焦点を合わせて、獲得すること。
さらには、教師としての実践的な力量を向上させ続けるための方法について、知見を得ること。/探究的な態度・志向性

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。
【教職課程の各授業科目で用いた文献資料のほとんどすべてが、参考書に該当する。】

■WEBページ

-

 
ページTOPへ