Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会教育研究(生涯学習を含む。)

担当者 松田 武雄
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

授業では、社会教育と生涯学習の概念、地域での社会教育のさまざまな実践(子ども、青年、成人、高齢者、外国人などの社会教育)、社会教育・生涯学習の法制度、NPOなど市民の自発的な学習活動、社会教育の施設、職員、行政など、社会教育・生涯学習にかかわる基本的なことがらについて、特に地域に視点をあてながら講義する。 

■授業計画

1.授業のガイダンス-授業の概要と進め方について説明する
2.現代の社会教育と生涯学習-現代社会における社会教育と生涯学習の理論と実践について講義する
3.子育て支援と社会教育-子育て支援と社会教育との関連について考える
4.子どもの学校外教育と福祉-子どもの学校外教育と福祉について小学生に焦点をあてて考える
5.青年の問題と社会教育-現代社会における青年問題と社会教育について考える
6.現代の貧困と成人基礎教育-現代社会の貧困問題に社会教育・生涯学習がどのように迫ることができるのかを考える
7.高齢者の教育と福祉のまちづくり-高齢者の学習・文化活動と福祉のまちづくりについて考える
8.社会教育・生涯学習の施設・行政とボランティア活動-社会教育・生涯学習の施設の概要とそこでのボランティア活動の意義について講義する(その1)
9.社会教育・生涯学習の施設・行政とボランティア活動(その2)
10.社会教育・生涯学習の施設・行政とボランティア活動ー博物館(その3)
11.NPO・市民活動と社会教育・生涯学習-現在注目されているNPOと社会教育・生涯学習との関わりについて考える
12.大学と地域の連携による地域社会教育の創造-大学が中心となって地域貢献をする意味とその具体的な事例について講義する
13.沖縄の地域共同体と社会教育-沖縄は日本の中でもユニ-クな社会教育活動を展開しており、その活動を紹介する
14.発展途上国の生涯学習と国際成人教育-中央アジアを中心とする発展途上国の生涯学習と国際的な成人教育の動向を紹介する
15.まとめ

■履修上の注意

授業中に、私語やスマ-トフォン等の使用、授業以外の用事を行わない。
国家資格の取得に関する科目ですので、その自覚を持って授業に臨んでください。
人間関係学部においては、平成29年度で閉講になるため、受講希望者は平成29年度に履修すること。

■授業方法

-

■評価方法

試験によって評価する。評価項目は、①授業内容の理解 70%、②理論的な展開 15%、③自分自身の考察 15% とする。

■授業テーマ

現代の社会教育と生涯学習

■授業の到達目標/育成する能力

社会教育は学校外の社会での教育を広く総称した言葉であり、近年は、社会教育に類似したものとして生涯学習という言葉が広まっている。そこで、この講義では、社会教育、特に地域社会教育と生涯学習の全体的な理解をし、問題意識を深め、自ら課題探求をすることを目標とする。

■教科書

松田武雄編著『新版 現代の社会教育と生涯学習』九州大学出版会、2400円(授業当日、販売する)

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ