Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館概論(1)(星が丘)/博物館概論(2)(星が丘)

担当者 見田 隆鑑
学科
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 1時限 前期 金曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館学芸員資格取得のための博物館概論です。この授業では、博物館とはどんな所か、博物館はどのような流れで社会の中に作られてきた施設なのか、博物館の中ではどのような事が行われているのかを解説していきます。また、博物館と社会との関わりを紹介し、これからの博物館のあり方について皆さんと考えていきます。

■授業計画

1.博物館の定義
2.博物館の種類
3.博物館の目的と機能
4.世界の博物館史1
5.世界の博物館史2
6.日本の博物館史
7.博物館における資料収集
8.博物館における資料の整理と保存
9.博物館の調査研究
10.椙山歴史文化館の見学とワークシートの作成
11.博物館の資料と災害・人災
12.博物館の資料と虫菌害
13.生涯教育・学校教育と博物館
14.地域社会と博物館
15.博物館の現状とこれからの課題

■履修上の注意

学芸員課程での履修者は、3年次までにこの科目を履修し単位を取得してください。/
博物館とはどのような場所でどんな事をしている場所なのか、どのような歴史を持つ施設なのかを知ってもらうことで、やや固いイメージのある博物館がより身近に感じてもらえるようになればと思います。この授業は専門教育科目として受講する学生だけでなく、学芸員の資格を目指す学生も履修しますので、その点を考慮して受講してもらえたらと思います。

■授業方法

-

■評価方法

授業への態度および課題(50%):授業への参加姿勢と授業内での提出課題により評価。
筆記試験(50%):学芸員を目指す上で記憶することが必要な事項について確認する試験を学期末に行います。

■授業テーマ

博物館に関する基礎的な知識を獲得する。

■授業の到達目標/育成する能力

博物館の位置づけと役割、その歴史について知識を獲得するとともに、博物館における整理・保存、調査・研究、展示・教育など、主な目的と機能について理解を深め、「博物館とは何か」を自分なりに説明できるようになる。

■教科書

各回毎にプリント教材を配付します。各回の内容に関わる参考文献などはその都度紹介します。

■参考書

大堀哲・水嶋英治編著『新博物館学教科書 博物館学Ⅰ 博物館概論*博物館資料論』(学文社)、加藤有次・鷹野光行ほか編『新版博物館講座』1~15巻(雄山閣出版)、鈴木眞理ほか『大堀哲監修博物館学シリーズ1 改訂博物館概論』、網干善教・高橋隆博編『博物館概説』(関西大学出版部)、鷹野光行・西源二郎・山田英徳・米田耕司編『新編博物館概論』(同成社)、大堀哲・水嶋英治『博物館学Ⅰ 博物館概論・博物館資料論』、全国大学博物館学講座協議会西日本部会編『新時代の博物館学』、水藤真『博物館学を学ぶー入門からプロフェッショナルへー』(山川出版社)など。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ