Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館経営論(1)(星が丘)/博物館経営論(2)(星が丘)

担当者 佐伯 平二
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 1時限 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

主として次のような内容について、具体例を挙げながら講義する。
1.最近の博物館・・・日本の博物館・世界の博物館の現状をビジュアル資料にもとづいて解説する。
2.新しい博物館・・・未来に向かっての博物館運営についてのあるべき姿を提案する。
3.新しい博物館活動・・・集客力を念頭に置いた博物館活動について提案する。
4.運営形態の最近の変化・・・意義を解説し、特に独立行政法人化、指定管理者制度についての現状を具体的に説明する。
5.博物館と情報・・・急速に進歩するマスメディアを中心に解説、博物館での活用法についても解説する。
6.博物館連携・・・博物館ネットワーク、教育機関、地域社会との連携事業の現状と課題を解説する。

■授業計画

1.最近の博物館(目的と使命、組織と職員、経営主体、指定管理者制度)
2.博物館の種類(歴史系・自然史系・理工系・美術系)と活動(収集・保存・展示・普及啓発事業・調査研)
3.時代が要求する博物館をつくる(建物と展示基本構想・基本計画・実施設計・建築・製作)
4.新しい博物館活動(1)集客が期待できる魅力的な特別展の開催
5.新しい博物館活動(2)特別展の効果的な運営方式のいろいろ
6.新しい博物館活動(3)魅力あるワークショップの方法とその事例
7.新しい博物館活動(4)感動を与えるデモンストレーション(科学実験等)
8.新しい博物館活動(5)積極的な地域貢献活動の方法とその事例(アウトリーチ)
9.市民参加(サポーター・ボランティア等人材育成とその活用例)
10.行きたくなる博物館の魅力を発見する。
11.博物館連携(1)地域連携(企業・NPOなど)の必要性とその事例
12.博物館連携(2)教育機関(大学、行政(教育委員会等))との必要性とその事例
13.企業博物館とテーマパーク(集客力を高める方策とその事例 博物館のIT化(デジタルミュージアム・ITを活用した効果的な広報展開))
14.ユニークな博物館運営(1)他大学の学芸員課程の学生によるユニークな博物館運営の提案の紹介
15.ユニークな博物館運営(2)当大学の学芸員課程の学生によるユニークな博物館運営の提案

■履修上の注意

日ごろから博物館関係情報をネット等で検索して、博物館活動のいろいろについて理解しておく。/
毎日睡眠をしっかりととり、学友同志での会話も、しっかりと授業時間外にとり、授業中は真剣にしっかりと聞いていただきたい。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度・課題レポート(2回)、プレゼンテーションによる。

■授業テーマ

現在の博物館と時代が求める新しい視点に立った博物館論

■授業の到達目標/育成する能力

厳しい博物館時代を乗り切るための博物館運営をするに当たり、博物館の世界から離れて広い視野から判断決断して行動できる柔軟な学芸員の育成のため、博物館活動を中心にして課題を発見し、解決していく方法論を理解させる。また、企業でのCSR活動の一環である社会貢献活動の手法を含めながら、幅広い視野に立って社会で活躍できる総合的な能力を養う。

■教科書

実務経験からオリジナルな経営論をパワーポイントでまとめ作成したものを、授業でビジュアル的に展開する。授業をしっかり聞くことで理解していただくため、テキストは使用しない。

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ