Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館資料論(1)(星が丘)/博物館資料論(2)(星が丘)

担当者 見田 隆鑑
学科
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 1時限 後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

資料は博物館の命とも言われます。この授業では、博物館における資料の収集、整理保管などに関する理論・方法の知識・技術を習得し、博物館の調査研究活動に対する理解を通じて、博物館資料に関する基礎的な知識及び能力を養うことを目指します。また、学芸員を目指す上で知っておく必要がある様々な資料と関わる上でのキーポイントを解説していきます。

■授業計画

1.博物館で取り扱う資料とその意味・役割
2.博物館における調査研究活動-種類・意義-
3.博物館事業と調査研究-成果の還元-
4.博物館資料の収集経路について
5.博物館における資料保存の基本
6.博物館資料の分類と整理
7.博物館資料の情報化-データベース、横断検索システム-
8.博物館資料としての美術・工芸資料-収集・整理・活用-
9.博物館資料としての考古資料-収集・整理・活用-
10.博物館資料としての古文書資料-収集・整理・活用-
11.博物館資料としての民俗資料-収集・整理・活用-
12.人文系博物館の展示見学(学外:名古屋市博物館もしくは徳川美術館) 
13.博物館資料としての自然科学資料動物・植物資料-収集・整理・活用-
14.博物館資料としての自然科学資料②地質・天文・科学資料-収集・整理・活用-
15.自然科学系博物館の展示見学(学外:東山動植物園)

■履修上の注意

学芸員資格取得を目指す学生は、2年次に学芸員課程に登録するとともに、3年次までにこの科目の単位を取得すること。/
この授業は博物館で扱われる資料に焦点を当てた授業です。”資料”という観点から博物館の役割、博物館の展示について考えるきっかけになるような講義にしたいと思います。
学芸員課程の学生は、4年次に博物館実習を受ける上で事前に必要な学びとして位置づけられている科目ですので、その点も意識して授業に臨んでください。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度、課題(小レポート)(40%):授業への参加姿勢、毎回提出してもらうリアクションペーパーをもとに評価します。
筆記試験(60%):資料を取り扱う上で記憶しておいてもらいたい内容について確認する為の試験を学期末に行います。

■授業テーマ

博物館資料論

■授業の到達目標/育成する能力

博物館の資料の種類、収集過程、その整理保管について知識を獲得し、博物館の調査研究活動についての理解を深めます。また、調査研究、展示を通した研究成果の還元の中で資料を取り扱う上で、資料に対する正しい知識に基づく責任を持った行動ができる人材になることを目指します。

■教科書

毎回、教材プリントを配付します。参考書については、プリントの中でも随時紹介します。

■参考書

大堀哲・水嶋英治編著『新博物館学教科書 博物館学Ⅰ 博物館概論*博物館資料論』(学文社)、青木豊『人文系博物館資料論』(雄山閣)
加藤有次・鷹野光行ほか編『新版博物館講座』1~15巻(雄山閣出版)、網干善教・高橋隆博編『博物館学概説』(関西大学出版部)、杉山真紀子『博物館の害虫防除ハンドブック』(雄山閣出版)、水藤真『博物館学を学ぶ-入門からプロフェッショナルへ-』(山川出版社)、佐々木利和・本多俊和・湯山賢一編『新訂博物館資料論』(日本放送出版協会)、全国大学博物館学講座協議会西日本部会編『新時代の博物館学』(芙蓉書房出版)、大堀哲・水嶋英治編著『博物館学1 博物館概論・博物館資料論』(学文社)、大堀哲監修『博物館学シリーズ2 博物館資料論』(樹村房)など。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ