Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館資料保存論(星が丘)

担当者 朝日 美砂子
学科
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

調査研究・展示公開という博物館の基本的活動において、資料保存の観点から抱えている抜本的問題を、豊富な実例をとおし具体的にあげる。次に、その矛盾を多様な観点からさらに深く理解せしめる。さらに、問題を解決するための方法を自分の力で考える。

■授業計画

1.博物館には何が求められているか ~矛盾する使命
2.資料保存の必要性 ~保存と破壊の歴史
3.資料破壊の実例と、回避への努力 ~概論 
4.実例と訓練 ・調査時 ~調査書をつくる 
5.実例と訓練 ・梱包時 ~心構えと資材
6.実例と訓練 ・輸送時 ~輸送ルートを組んでみよう
7.実例と訓練 ・展示作業時 ~ジャンル別の各実例 
8.保管時なにをなすべきか ~盗難・火災・地震・温湿度変化
9.保管時なにをなすべきか ~燻蒸
10.保管時なにをなすべきか ~修理の理念
11.保管時なにをなすべきか ~修理の実例
12.保管時なにをなすべきか ~清掃
13.理想的動線 ~博物館をつくってみよう
14.逆の発想 ~博物館・資料に何ができるか
15.総括 ~日常的な文化財保存

■履修上の注意

講義ではスクリーンを多用します。なるべく前の方に座りましょう。/
高校までは学んだことがない文化財保存について、はじめて学びます。教科書・参考書も少ない分野なので、講義中は講義に集中しましょう。

■授業方法

-

■評価方法

テストにおいて、基礎知識の習得状況と、基本的態度の習得状況とを、50%の割合で査定する。

■授業テーマ

博物館資料の保存と公開~絶対矛盾への挑戦

■授業の到達目標/育成する能力

博物館における資料保存の意義を理解し、保存と公開という本来両立しえない課題を解決するための知識と実践力を養う。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ