Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館展示論(星が丘)

担当者 見田 隆鑑
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館における展示、そしてその役割とは何かを考えるとともに、博物館における展示の種類や形態を紹介した上で、実際に展示を行う際の企画段階から撤収までの流れ、またその中で考えなければならない資料の展示方法や解説方法、展示空間の演出や館内での利用者の誘導方法など、利用者を展示に惹きつけ、より良い博物館体験を生み出していく為のポイントを紹介しながら、皆さんと理想的な展示のあり方について考えて行きます。

■授業計画

1.博物館における展示とその役割
2.「展示」の起源
3.展示の種類と形態
4.現代の博物館における展示
5.展示が企画され完成するまでの流れを知ろう
6.展示や展覧会に関わる人々
7.展示と法規
8.博物館の展示におけるユニバーサルデザイン
9.展示資料の形態-実物・標本・複製-
10.演示具や展示ケースの機能と役割
11.展示空間を演出するもの-照明・音響・映像-
12.展示の解説(1)-来館者を展示に惹きつけ、導く工夫- 
13.展示の解説(2)-様々な展示解説の方法-
14.展示と広報、関連事業
15.展示評価-利用者のより良い博物館体験を目指して-

■履修上の注意

学芸員資格取得を希望する学生は2年次に学芸員課程に登録するとともに卒業までにこの科目の単位を取得してください。/
この講義では主に博物館の「展示」に焦点をあて、具体的な展示方法や展示の際に考えなければならないことを紹介して行きます。講義を聞くだけではなく、授業を通して学んだことを皆さんの生活空間の中で考えてみたり、実際に博物館をはじめ「展示」が行われている場所に足を運んで積極的に確認してみてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度(50%):授業への参加態度、提出物への取り組みから判断します。
筆記試験(50%):博物館での展示を行う上で記憶してもらいたいことを中心に学期末に筆記試験を行います。

■授業テーマ

博物館の展示とそのデザイン

■授業の到達目標/育成する能力

博物館における展示の意味・役割、種類や形態に関する基礎的な知識を獲得する。展示の流れ・展示に関わる基礎知識を獲得し、利用者がより良い博物館体験できるような展示方法・空間演出をデザインできるようになる。

■教科書

各回毎に教材プリントを配付します。参考書については、プリントでも紹介します。

■参考書

黒沢浩『博物館展示論』(講談社)、里美親幸『博物館展示の理論と実践』(同成社)、大堀哲・水嶋英治編著『新博物館学教科書 博物館学Ⅱ 博物館展示論*博物館教育論』(学文社)、青木豊編『人文系博物館展示論』(雄山閣)、青木豊『集客力を高める 博物館展示論』(雄山閣)、青木豊『新装版 博物館展示の研究』(雄山閣)、加藤有次・鷹野光行ほか編『新版博物館講座』1~15巻(雄山閣出版)、網干善教・高橋隆博編『博物館学概説』(関西大学出版部)、日本展示学会編『博物館の展示をつくる展示論』(雄山閣)、デビット・ディーン著、北里桂一監訳、山地秀俊・山地有喜子訳『美術館・博物館の展示-理論から実践まで-』(丸善)、大堀哲・水嶋英治『博物館学Ⅱ 博物館展示論・博物館教育論』、全国大学博物館学講座協議会西日本部会編『新時代の博物館学』、藤原工『学芸員のための展示照明ハンドブック』(講談社)、木下史青『博物館へ行こう』(岩波ジュニア新書)、K.マックリーン、井島真知・芦谷美奈子訳『博物館をみせる 人々のための展示プランニング』(玉川大学出版部)など。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ