Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館教育論(星が丘)/博物館教育論(日進)

担当者 加納 舞
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 4時限 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館とは国際博物館会議(ICOM)にて定義されるように、資料の「収集」「保存」「研究」「展示」を行うとともに、教育的配慮のもと、一般公衆への知識の普及・慰楽などに供する機能を備える施設である。本講義では、実際に活動を行っている博物館の教育活動の現状を確認しつつ、その活動の課題を浮き彫りにし、教育的役割を中心に据えた博物館の在り方について考察するものである。

■授業計画

1.博物館教育の理念
2.博物館教育の歴史
3.博物館活動の教育的意義
4.自己学習教材
5.人文系博物館プログラム
6.自然史系博物館プログラム
7.資源の蓄積と発信
8.学校と博物館
9.家族と博物館
10.地域と博物館
11.利用者と博物館(博物館のレクレーショナル機能について)
12.利用者と博物館②(博物館の生涯学習機能について)
13.教育活動の評価
14.博物館の連携
15.博物館教育の未来

■履修上の注意

受講生には、講義中、積極的な発言が望まれる。

■授業方法

-

■評価方法

受講態度(50%) 課題発表・レポートまたは試験(50%)

■授業テーマ

公教育補完の場としての博物館の現状と未来への展望

■授業の到達目標/育成する能力

「受動的」ではなく「能動的」に学ぶことができる利用者主体型の博物館教育活動の在り方について、今日の課題を考察・検討しつつ、今後の博物館の在り方の指針を見出す能力を育成することを目的とする。

■教科書

特に指定しない。別途指示することがある。

■参考書

野外民族博物館リトルワールドガイドブック

■WEBページ

-

 
ページTOPへ