Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館実習

担当者 五百部 裕・見田 隆鑑・宮下 十有・後藤 澄子
学科
学年 4
開講期 通年
単位数 3 単位
開講日 通年 火曜日 3・4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館実習は学芸員資格取得の集大成である。学内実務実習・見学実習・館園実習の3種類がある。本実習は、「博物館概論」・「博物館資料論」・「博物館経営論」を習得済みの学生が対象になる。

■授業計画

事前・事後指導および学内実習は星が丘・日進の指定キャンパスで行う。予定の変更は掲示されるので、学芸員課程の掲示に各自十分に注意すること。以下のスケジュールで実施予定である。

事前指導:4月18日(文化情報学部棟505教室)

学内実務実習:4月25日・5月2日・5月16日・5月23日・5月30日
6月6日・6月20日・6月27日・7月18日・9月26日
10月3日・10月17日・10月24日・10月31日
(各キャンパス)
※実習によっては、受講者負担で事前準備いただく講座があります。

館園実習の事前指導:9月1日(文化情報学部棟505教室)

館園実習(5日間):9月13日・14日・15日・19日・23日

見学実習:各自で指定された博物館を見学しレポートを作成する。

事後指導:11月21日(文化情報学部棟505教室)

■履修上の注意

参加とレポートが重視される。いずれの実習にもレポートが課されるので注意すること。レポートは、指定日の午後3時までに教務課(星が丘)、日進キャンパス事務課(日進)の指定ボックスに提出すること。学芸員資格取得に向けて、実習への積極的な参加を求めます。

■授業方法

-

■評価方法

学内実務実習・見学実習・館園実習への参加とレポートから総合的に評価する。全ての実習において課題が課されている。事前指導・事後指導への参加も評価対象である。

■授業テーマ

博物館の実務に関する実習

■授業の到達目標/育成する能力

博物館関係の講義で得た知識をもとに実習を行い、学芸員としての基本的な能力、実践力を養う。

■教科書

なし

■参考書

特に指定しないが、各実習において参考書が紹介されることがある。また、実習の内容に応じて各自で用意するものがあるので、事前指導時に配布される「博物館実習要項」に注意すること。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ