Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯学習概論(1)/生涯学習概論(2)

担当者 山田 德男
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 4時限 前期 火曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

人々が時代を生き抜きより充実した人生を送っていくために、それぞれのライフステージにおける学習が強く求められている。この講義では、まず現代社会と学習環境を学び、生涯学習の必要性を理解したうえで、「生涯学習とは何か」を考える機会を持ち生涯学習の概念を理解する。続いて生涯学習の成立過程や法律と行政など生涯学習を推進していくうえでの基礎的な知識を習得する。また、ライフステージに即した生涯学習支援を取り上げ学ぶ。あわせて社会に円滑に移行するためのキャリア形成の必要性・あり方を取り上げその進め方を身につける。

■授業計画

1.はじめに―講義の成り立ち、大学生活を有意義に過ごすには
2.現代社会と学習環境
3.生涯学習とは(1)―調べて理解する(ワークショップ)
4.生涯学習とは(2)―みんなで考え理解する(グループ討議・グループワーク)
5.生涯学習とは(3)―みんなで考え理解する(同上討議結果の発表)
6.生涯学習の概念(まとめ)
7.生涯学習の成立過程
8.基本的人権としての学び―日本国憲法と教育基本法
9.学びの自由の保障―社会教育法、図書館法、博物館法
10.社会教育から生涯学習へ―生涯学習振興整備法
11.ライフステージに即した生涯学習支援(1)―幼児期における遊びと学び
12.ライフステージに即した生涯学習支援(2)―青年期における成長と自立
13.ライフステージに即した生涯学習支援(3)―成人期における成熟と自己管理
14.ライフステージに即した生涯学習支援(4)―高齢期における生きがいづくりと自己実現
15.生涯学習論のひろがり

■履修上の注意

配布されたプリント教材は次回以降も持参すること。欠席者は、事前または事後速やかに届け出ること。そして次回必ず配布教材を受け取り目を通して学習しておくこと。また欠席当日のレポート課題を確かめ次回に提出すること(成績評価に加味)/
気づきと「何を学びどんな能力が身についたか」を重視した進め方をするので、フィールドワークやグループ討議などアクティブラーニングに積極的に参加してほしい。また質問や意見など積極的に発言してほしい。そして自らの生涯学習の実践(キャリアアップ)につなげてほしい。
なお、大勢の受講者が見込まれるので、必ず指定座席に着席し私語や雑談を慎み、周囲に迷惑をかけないこと。

■授業方法

-

■評価方法

まとめの筆記試験(60%)、小レポートなど課題の提出状況とその内容(30%)、発表など授業への参加態度(10%)から総合評価する。

■授業テーマ

生涯学習の基礎

■授業の到達目標/育成する能力

生涯学習の必要性とその内容・進め方を理解し、生涯学習を推進していくうえで必要な基礎的能力を身につける。また、社会で求められている能力に気づき、学生時代を通じキャリア形成を主体的に取り組んでいく力を身につける。

■教科書

指定しない。プリント教材をその都度配布する。

■参考書

新海英行・竹内良成編「生涯学習概説」(図書館情報学の基礎)勉誠出版

■WEBページ

-

 
ページTOPへ