Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

図書館概論

担当者 福永 智子
学科
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

図書館政策や法整備を手がかりに、図書館の機能や現代社会における意義や役割について理解を図る。さらに、図書館の歴史と現状、館種別図書館と利用者ニーズ、図書館職員の役割と資格、類縁機関との関係、デジタル情報の拡がりが各種図書館に与える影響や、今後の課題と展望などの基本を解説する。

■授業計画

1.図書館とは何か:現状と動向
2.図書館の構成要素と機能
3.図書館の社会的意義:ユネスコ公共図書館宣言
4.図書館の自由とは何か
5.図書館の歴史
6.図書館の種類と利用者のニーズ
7.地域社会と公立図書館:成立と展開
8.国立国会図書館の機能と役割
9.学術情報流通と大学図書館
10.図書館情報専門職の役割と資格
11.図書館サービスと著作権・公貸権
12.資料保存とデジタルアーカイブ
13.図書館の類縁機関:博物館と文書館との連携(MLA)について
14.図書館の課題と展望
15.まとめ

■履修上の注意

本科目は、文化情報学科の基幹科目と司書課程の必修科目を兼ねているため、知識ベースの異なる5学部の学生が受講している。全員にわかりやすい講義を心がけているが、授業内容がわからない場合は積極的に質問をすること。/
司書課程を履修していない学生でも、図書館に少しでも興味がある人はぜひ履修してください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験と提出物、および授業態度によって総合的に評価する。

■授業テーマ

図書館の機能と今日的役割

■授業の到達目標/育成する能力

現代社会における図書館の存在意義と機能について基本的な知識を身につける。とりわけ読書推進政策や電子図書館行政および文化行政、電子書籍の普及や出版界の動向など広い視野から、図書館の機能と今日果たすべき役割について理解を深め、また図書館が直面する様々な問題について考察する。

■教科書

『図書館概論』 塩見昇編著, 日本図書館協会, (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-1) ISBN: 978-4820412168

■参考書

日本図書館協会編『図書館年鑑』
全国出版協会・出版科学研究所『出版指標年報』
猪谷千香『つながる図書館』築摩書房、2014

■WEBページ

-

 
ページTOPへ