Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報サービス論

担当者 福永 智子
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

人びとの情報アクセスを保障する公的機関として重要な役割を担う公立図書館における情報サービスの意義を明らかにする。その際、まず基本となるレファレンスサービスの歴史と現状について解説する。さらに、情報検索サービス等の各種サービスの方法、参考図書・データベースなど情報サービスに活用される情報源の種類と特質、学校図書館や大学図書館の図書館利用教育、課題解決型図書館における発信型情報サービスについて解説する。

■授業計画

1.情報社会と図書館の情報サービス
2.図書館における情報サービスの意義と種類
3.レファレンスサービスの歴史と意義
4.レファレンスサービスの理論:利用者の課題解決と支援
5.デジタル時代のレファレンスサービスの現状と課題
6.レファレンス協同事業とレファレンス事例データベース
7.各種情報源の特質と利用法
8.各種情報源の解説と評価:代表的な参考図書、ネットワーク情報資源
9.各種情報源の組織化:図書館における二次資料の作成、情報発信
10.情報検索サービスの理論と方法
11.課題解決型図書館におけるサービスの在り方
12.発信型情報サービス:ビジネス支援サービス、健康医療情報サービス、法律情報サービス
13.学校図書館における図書館利用教育:情報リテラシーの育成
14.大学図書館における文献利用指導:パスファインダーの意義
15.まとめ

■履修上の注意

本科目は、文化情報学科の展開科目、メディア情報学科の関連科目、司書課程の必修科目を兼ねているため、知識ベースの異なる5学部の学生が受講している。全員にわかりやすい講義を心がけているが、授業内容がわからない場合は積極的に質問をすること。授業には主体的に参加してください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験と提出物、および授業態度によって総合的に評価する。

■授業テーマ

課題解決型図書館における情報サービス

■授業の到達目標/育成する能力

図書館の情報サービスの基本であるレファレンスサービスについて理解を深める。ネットワーク情報資源を含めた各種レファレンス資料について、その特質を理解するとともに、利用方法ついて学習する。さらに、現代社会で求められる課題解決型図書館における情報発信とレファレンスサービスの意義を理解する。【育成する能力】知識・理解、思考・判断

■教科書

小田光宏編著『情報サービス論』(JLA図書館情報学テキストシリーズ III 5) ISBN:978-4-8204-1211-3

■参考書

齋藤泰則『利用者志向のレファレンスサービス:その原理と方法』勉誠出版、2009.

■WEBページ

-

 
ページTOPへ