Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

読書と豊かな人間性

担当者 福永 智子
学科
学年 3
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

まず、乳幼児からティーンズまでを対象として、その発達段階や子どもの生活を踏まえた読書のあり方や情報の利用実態について理解を深める。次に、児童資料の歴史と種類についてとりあげる。さらに、公立図書館における児童サービスの歴史と現状について講義するとともに、子どもの自由な読書活動を提供するために、学校図書館が果たすべき役割と責任を明らかにする。公立図書館と学校図書館との連携協力についても解説する。

■授業計画

1. 図書館利用者としての子ども(0~18歳)
2. 児童の発達段階と読書のあり方
3. 児童資料の歴史
4. 児童資料の種類と特質:絵本
5. 児童資料の種類と特質:物語と伝承文学、知識の本
6. 児童資料のコレクション構成と収集方針
7. 公立図書館における児童サービスの歴史と現在
8. 乳幼児サービスおよびブックスタート活動と資料
9. ティーンズ(ヤングアダルト)に対する読書支援と資料
10. 児童サービスの実践と技術(ストーリーテリング、読み聞かせ、ブックトークなど)
11. 子どもの学習と情報利用:児童向けレファレンスサービスと図書館利用教育
12. 日本の読書推進政策と各種図書館の役割
13. 学校および学校図書館における読書推進活動
14. 学校図書館と公共図書館の連携
15. 家庭および保育園・幼稚園と図書館との連携・協力

■履修上の注意

欠席する場合は教員に連絡し、次回の予定や課題等を把握し、授業の進行に遅れないよう努力すること。/
授業への主体的な参加を求めます。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験と課題提出および授業態度によって、総合的に評価する。

■授業テーマ

公立図書館の児童サービスおよび学校図書館における読書支援

■授業の到達目標/育成する能力

児童資料の種類や歴史について基礎的な知識を身につける。また、公立図書館における児童サービスおよび学校図書館における読書支援の現状と課題について理解を深める。読書推進政策の動向に照らして、図書館の果たすべき役割の重要性を理解する。

■教科書

堀川照代編『児童サービス論』 (JLA図書館情報学テキストシリーズ Ⅲ-6) 日本図書館協会

■参考書

松居直『絵本のよろこび』NHK出版

■WEBページ

-

 
ページTOPへ