Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報資源組織論

担当者 福永 智子
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

印刷資料・非印刷資料・電子資料とネットワーク情報資源から形成される今日の図書館情報資源の組織化の理論と技術について取り上げ、書誌コントロールと標準化、書誌記述法、主題分析、メタデータ、書誌データの活用法等を解説する。

■授業計画

1.情報資源組織化の目的・意義と概要
2.書誌コントロールと標準化の意義と歴史
3.書誌コントロールの諸活動と国際標準
4.書誌記述法:目録の基本機能
5.日本目録規則(NCR)1987年版改訂3版
6.コンピュータ技術と目録法(OPAC・MARC)
7.書誌ユーティリティと共同目録作業
8.書誌情報の提供(OPACの管理と運用)
9.ネットワーク情報資源の組織化とメタデータ
10.主題分析の意義と考え方
11.分類法:日本十進分類法(NDC)新訂9版・10版
12.語による主題検索:自然語、件名法、シソーラス
13.索引法:基本件名標目表(BSH)第4版
14.多様な情報資源の組織化(地域資料・行政資料等)
15.まとめ

■履修上の注意

とくになし/
受講生は予習と復習に力を入れること。欠席するとその次の回の内容が理解できなくなることがあるので、自分で教科書をよく読んで学習すること。わからないときは教員に質問してください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験と授業中の提出物および授業態度によって、総合的に評価する。

■授業テーマ

図書館における情報資源組織化の意義

■授業の到達目標/育成する能力

情報資源組織化の意義と現状での到達点についての基礎的な知識を身につける。個々の図書館を超えた、書誌コントロールの諸活動についても理解を深める。

■教科書

田窪直規編 『改訂 情報資源組織論』 (現代図書館情報学シリーズ9) 樹村房 (2016/04)
ISBN: 978-4883672592

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ