Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

学習指導と学校図書館

担当者 福永 智子
学科
学年 3
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

大別して2つの内容から構成される。まず、学校教育や教育課程のあり方と学校図書館との関連性を理論的に検討し、また日本の学校図書館法や学習指導要領における学校図書館の位置付けや求められる機能と役割などを明らかにする。次に、現代的な情報環境を視野に入れ、児童生徒の主体的な学びを支援するための具体的な方法や図書館的技術について実習を交えて学習する。

■授業計画

1.教育課程の展開と学校図書館
2.教育思想や学習指導要領に見る学校図書館の位置付け
3.学習・情報センターとしての学校図書館
4.探求型学習と学校図書館
5.学校図書館を活用する授業の実践例
6.教師への支援と連携協力
7.学校図書館ネットワークや公立図書館などの活用
8.学校図書館サービスと著作権
9.図書館情報技能の教育計画
10.学校図書館におけるレファレンスサービス
11.児童・生徒用レファレンス資料の選択と評価
12.パスファインダーの作成
13.学校図書館における情報資源の組織化①(分類法)
14.学校図書館における情報資源の組織化②(目録法)
15.まとめ

■履修上の注意

教育実習などで授業を欠席する場合は、休んだ日の内容を教員に聞きにくること。/
司書・司書教諭をめざす学生には、紙とデジタルともに情報源に強くなることを求めます。

■授業方法

-

■評価方法

レポート提出と、Glexaを利用した小テストなど総合的に評価する。

■授業テーマ

教育課程の展開に寄与する学校図書館

■授業の到達目標/育成する能力

学校の教育課程の展開において、学校図書館に求められる機能と役割について理解する。また現代的な情報環境を視野に入れ、児童生徒の主体的な学びを支援するための具体的な方法や技術を実践的に身につける。

■教科書

使用しない

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ