Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

メディア・リテラシー(2)

担当者 洞谷 吉浩
学科
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

メディアを通して得られる情報を取捨選択して活用し、自分の考えを他者に伝えたり、積極的に表現したりするための能力の育成を目的とする。プリント・メディア、映像メディアを取り上げ、利用、分析、表現を通して、メディアを積極的、能動的に利活用できる能力を養う。メディアの特性や、PCでの画像処理等の技術の基礎を学ぶだけでなく、コンテンツを制作するための一連のプロセス(企画、構成、制作、評価)を重視する。

■授業計画

1.授業概要説明、メディア・リテラシーとは何か
2.メディアデザインの基礎
3.メディアと社会(1)新聞
4.メディアと社会(2)広告
5.実践(1、2)メディアを分析する
6.分析をした記事をもとに作品の企画
7.映像の文法 メディアと社会(3)テレビニュース番組
8.メディアと社会(4)テレビドキュメント番組
9.実践(3、4)メディアを分析する
10.メディアと社会(5)映像・CM
11.メディアと社会(6)潜在意識を形成する情報
12.実践(5、6)メディアを分析する
13.編集による操作
14.映像実験 脈絡のない映像を組み合わせることで別の意味を作り出す。
15.まとめ

■履修上の注意

授業内で作成した文書等のデータはバックアップをとる等管理に十分注意してください。/
メディアとは狭義であるマスメディアだけではなく、より学際的な意味を持っています。どの分野からでも読み解くことは可能なので積極的に参加してください。

■授業方法

-

■評価方法

口頭試験50%課題50%

■授業テーマ

情報メディアの活用と分析

■授業の到達目標/育成する能力

各種情報メディアの客観的な分析能力と、適切なプレゼンテーション力を身につける。(知識・理解、思考・判断)

■教科書

なし。

■参考書

なし。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ