Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報と統計

担当者 増田 淳矢
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

授業では統計データの基本的な性質を明らかにする記述統計と呼ばれる分野と少ないデータから全体像を推測する推測統計と呼ばれる分野について授業する。特に推測統計を重視して、母平均の推定・検定方法について講義形式で授業を行う。

■授業計画

1.統計学の基本的な意義について、実際のデータを見つつ学習する。
2.データの真ん中の概念である中央値・最頻値・平均について学習する。
3.データのばらつきの指標である分散について、応用方法も含め学習する。
4.二変量のデータとその関係について相関係数を利用して理解する。
5.回帰分析を利用して二つの変数の間の関係を理解する。
6.確率とはどういうものでどのように表すかを離散型の確率を利用して理解する。
7.連続型の確率変数の考え方について学習する。
8.確率の真ん中と散らばりについて理解する。
9.正規分布について理解を深める。
10.標本の概念と標本平均の推定について学習する。
11.標本平均の検定方法について理解する。
12.点推定と区間推定について学習する。
13.分散の推定方法とF検定について理解する。
14.平均値の差の検定と独立性の検定について理解する。
15.統計分析について総合的に学習する。

■履修上の注意

統計学は応用数学の一分野であるため、どうしても数学的知識を必要とする。特に前提知識を要求するわけではないが数式・数字が多数出てくるが諦めずに勉強して欲しい。

■授業方法

-

■評価方法

期末試験の評価に基づく(期末試験100%)。ただし、期末試験の点数が悪い場合には宿題を加味する(期末試験60%、宿題40%)。

■授業テーマ

統計的推測を利用した統計データの利用方法について

■授業の到達目標/育成する能力

統計データを利用して分析する方法を理解して、現実社会を分析できるようになることを目標とする。

■教科書

教科書は指定せず講義資料をweb(http://www.econometrics.jp/およびS*map)にて配付するので印刷して持参すること。

■参考書

森棟公夫著『教養 統計学』(第3版東洋経済新報社2010年)
豊田利久他著『基本統計学』(新世社2012年)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ