Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯スポーツと実践A/生涯スポーツと実践B/生涯スポーツと実践C

担当者 三井 悦子
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

余分な緊張のない、安らいだからだで、ボディワーク、二人やグループでのコミュニケーション・ムーヴメント、からだゆらし、呼吸と歩行、ピラティス、ヨーガや軽スポーツなどをおこなう。

■授業計画

1. オリエンテーション
2. 自分のからだの癖や緊張に気づき、とりのぞく方法を学ぶ
3. 「息をいれる」:胸式/腹式/胸腹式などのさまざまな呼吸法をまなぶ
4. 「寝ころぶ」:ゆったりと寝ころぶ、脚の長さ、骨盤の位置を感じて寝ころぶ
5. 「すわる」:いろいろな足の組み方、座り方をして、感覚の違いを味わう
6. 「立つ」:すっくりと立つ、重心や左右の対称性・非対称性を感じて立つ
7. 「歩く」:伸びやかに、重心の移動によって歩く
8. 「からだゆらし」:からだの余分な緊張をゆるめ、からだの流れを感じる
9. 「コミュニケーション・ムーブメント」:パートナーと息を合わせる、いっしょに動く
10. 余分な緊張のない、安らいだからだで各種の身体技法を学び、動いてみる
11. 「ピラティス」:中心感覚を学ぶ
12. 「ヨーガ」:呼吸法といくつかのアーサナをまなぶ
13. 「ヨーガ」:呼吸と動きをつなぐ
14. 「ライトスポーツ」:安らいだ新しいからだで自由に動く快を味わう
15. まとめ
上の項目を中心テーマとするが、受講生の状況に応じて、
授業の内容や展開を入れ替えることがある。

■履修上の注意

受講希望者多数の場合は抽選。平成29年度をもって閉講。受講希望者は必ず今年度に履修すること。/
小さな・静かな動きの中で自分自身のからだと向き合う授業です。深い集中が必要です。

■授業方法

-

■評価方法

授業内容への積極的な参加と実践(70%)およびレポート(30%)によって評価する。

■授業テーマ

「ボディ&スポーツ」コース
激しいスポーツや人と競争することは苦手だけれど、健康のためにからだによいことを続けたいという人を歓迎。

■授業の到達目標/育成する能力

「生涯スポーツと実践」は、生涯にわたる豊かなスポーツライフを創造するための知識と技術の獲得を目指して開講されている。自分の生をじゅうぶんに生きるということにとって、自分自身のからだとどのようにつき合うかということはとても重要なポイントになる。さまざまなからだ体験をとおして、居心地の良いからだ、より気持ちのいい状態を探していく。これからもずっと一緒に過ごしていく自分自身のからだを、自分でリ・クリエイトしていく試み、これもまたスポーツであることを体感しよう。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ