Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯スポーツと実践A/生涯スポーツと実践B/生涯スポーツと実践C

担当者 大島 悠
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

様々なスポーツ種目を経験する。既存のルールにとらわれず独自のルールを考案することで、参加している学生の多くが楽しめるような授業を展開する。このことが、生涯続けられるスポーツを見つけるためのきっかけとなる。

■授業計画

1.ガイダンス
2.【ネット型スポーツ】
  バスケットボール
3.バレーボール
4.ソフトバレーボール
5.フットサル
6.インディアカ
7.タスポニー
8.【ラケット型スポーツ】
  バドミントン
9.卓球
10.テニス
11.【球技型スポーツ】
  ハンドベースボール
12.キックベースボール
13.ドッチビー
14.ドッチボール
15.まとめ
受講生の状況に応じて、授業内容や展開を入れ替えることがある。

■履修上の注意

注意/平成29年度で閉講になるために、受講希望者は平成29年度に必ず履修すること。
メッセージ/スポーツの楽しさをもう一度一緒に見つけましょう!!

■授業方法

-

■評価方法

積極的な授業への参加と実践や、工夫あるルール作りへの参加(70%)及びレポート(30%)によって評価する。

■授業テーマ

様々なスポーツ種目を取り扱うコース

■授業の到達目標/育成する能力

健康な生活を送るために不可欠となる、健全な心とからだを、いくつになっても維持するために、健康と運動は切り離せない関係にある。スポーツを通じて、からだを動かすことの気持ちよさ、白熱する楽しさ、チームワークの素晴らしさ、個人の達成感を改めて感じ、生涯続けていけそうな自分に合ったスポーツ種目を見つけていく。

■教科書

-

■参考書

-

■WEBページ

-

 
ページTOPへ