Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ライフスタイルと人間関係

担当者 小倉 祥子藤原 直子
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

本講義は「女性と職業キャリア」および「生と性の多様性」のモジュールに関連するものである。まず前半では女性の職業キャリアについて、その現状と課題について概要をとらえ、自身の将来の人生設計において職業がどのように関わることが出来るのか、またそれが社会にとってどのような意味を持つのかについて考えていくこととする。後半では、これから生きていく上で直面する課題やそれへの対処の仕方、「女性」の生き方について、多様性という視点から学ぶことを通して、自分の生き方についての考えをさらに深めていく。そのために、数名のOGによるゲスト・スピークを予定している。

■授業計画

1. ライフスタイルの基礎的理解(小倉・藤原)
2. 職業キャリアをイメージしよう (小倉)
3. 女性の職業キャリアの現状と課題(小倉)
4. 世代による職業キャリア:視覚教材「均等法世代の女性たち」 (小倉)
5. 社会システムと職業キャリア(小倉)
6. 職業キャリアの国際比較(小倉)
7. 職業生涯をイメージしよう(小倉)
8. 多様なライフスタイルと主体的選択(小倉・藤原)
9. 自分をふりかえる:ライフヒストリーと人間関係(藤原)
10. ゲスト・スピークと質疑応答(藤原)
11. ゲスト・スピークと質疑応答(藤原)
12. ゲスト・スピークと質疑応答(藤原)
13. ゲスト・スピークと質疑応答(藤原)
14. 人と関わる力と個人のライフスタイルの尊重(藤原)
15. まとめ(小倉・藤原)

■履修上の注意

今後、社会を生き抜いていくために、現時点での自分の生き方についての方向性や考えを熟考する機会にしてください。
自分の果たすべき様々な立場や役割と社会のなかで働くことの位置づけを自分なりに判断できる力が身につくことを期待します。

■授業方法

-

■評価方法

小倉50%(最終レポート)、藤原50%(授業時の課題内容+最終レポート)を合算して評価する。

■授業テーマ

モジュール「女性と職業キャリア」「生と性の多様性」について

■授業の到達目標/育成する能力

学ぶこと・働くことの意義や役割を理解し、今後の生き方、将来展望についての考えを構築する。

■教科書

なし

■参考書

授業中に指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ