Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

発育発達と体力

担当者 竹本 康史
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

成長に伴い、身体の機能や能力は向上する。形態面での変化を発育といい、機能の伸びを発達という。また、体力とは「人間の活動や生存の基礎となる身体的能力である」と定義されている。本授業では、成長過程において体力・健康の向上のために必要な理論の習得や実践について考察する。

■授業計画

1.ガイダンス
2.発育・発達の定義
3.発育・発達期のケガや病気
4.体力を考える
5.運動のしくみ
6.トレーニング理論
7.トレーニング方法
8.健康を保持・増進のための運動
9.応急手当
10.ウォーミングアップとリーリングダウンの在り方
11.体力測定と評価
12.トレーニングと食事(栄養)の仕組み
13.ライフサイクルと生涯スポーツ
14.スポーツと心理のかかわり
15.まとめ

■履修上の注意

授業に対しては常に高い意識を持ち、仲間と協力し合って自ら楽しいものにしよう。
いろいろなことを吸収できるように積極的な姿勢で取り組んで欲しい。
平成29年度で閉講になるため、受講希望者は平成29年度に必ず履修すること。

■授業方法

-

■評価方法

参加態度(50%),試験(30%),小レポート(20%)    

■授業テーマ

発育・発達の特性と体力との関係について

■授業の到達目標/育成する能力

ひとの発育・発達を明確にして体力、健康を高めるための理論と実践方法の習得を目的とする。

■教科書

講義の際に資料を配布します。

■参考書

トレーニングの基礎理論、西東社、筋肉のしくみ、新星出版社他

■WEBページ

-

 
ページTOPへ