Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

幼児教育論II

担当者 鈴木 照美
学科 人関
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

現在、日本の小学校就学前の幼児期の教育は、大変に重要であるといわれている。本講義では、幼児期の発達や教育方法の特性について実践事例を紹介しながら理解を深める。そして、幼児期にふさわしい教育の在り方について演習も取り入れながら様々な角度から学び、自分自身の子ども観・子育て観を確立していく。

■授業計画

1. オリエンテーション こどもの「遊び」と「生活」 
2. 「こんなとき、どうする?」子育てQ&A
3. 日本の保育・教育の歴史と変遷
4. 実践を通して考える ① 子どもを肯定的に理解する 
5. 実践を通して考える ② 「環境による教育」とは
6. 園生活の1年間を知る(映像・写真)①
7. 園生活の1年間を知る(映像・写真)②
8. 幼児期の発達と遊び ① 
9. 幼児期の発達と遊び ②
10. 「命の大切さ」と「感じる心」を育む
11. 「道徳性の芽生え」を培う
12. 「協同性の育ち」を促す 
13. 幼児教育から小学校教育へ 
14. 家庭教育と子育て支援
15. 幼児期にふさわしい教育(まとめ)

■履修上の注意

積極的・能動的な参加を期待する。「子どもが大好き」と心から思うことができるように幼児を肯定的に理解し、自分自身の子どもに関する考え方(子ども観)を確立する。

■授業方法

-

■評価方法

出席状況と誠実な受講態度(30%) 授業時の提出物(30%) 各種レポート(40%)

■授業テーマ

日本の幼児教育と幼児期の発達の特性

■授業の到達目標/育成する能力

幼児教育に関する基本的な知識を習得し、子育てへの関心を高める。

■教科書

使用しない。必要な資料はプリントして配布し、参考文献等はその都度紹介する。

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ