Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

現代教育論

担当者 田中 節雄
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

「ゆとり教育」「子どもの学び」という問題に関わって、国家の政策やさまざまな人々の主張・議論を紹介し、それらについて批判的に検討吟味する。

■授業計画

1.講義の概要
2.第2次大戦後の日本の教育の流れ(1)
3.第2次大戦後の日本の教育の流れ(2)
4.ゆとり教育をめぐる議論(1)-ゆとり教育の経緯①
5.ゆとり教育をめぐる議論(2)-ゆとり教育の経緯②
6.ゆとり教育をめぐる議論(3)-学習指導要領の変化①
7.ゆとり教育をめぐる議論(4)-学習指導要領の変化②
8.ゆとり教育をめぐる議論(5)-批判と対応①
9.ゆとり教育をめぐる議論(6)-批判と対応②
10.子どもは何を学ぶべきか(1)-何が問題か
11.子どもは何を学ぶべきか(2)-学ぶとはどういうことか①
12.子どもは何を学ぶべきか(3)-学ぶとはどういうことか②
13.子どもは何を学ぶべきか(4)-学ぶことと生きること①
14.子どもは何を学ぶべきか(5)-学ぶことと生きること②
15.まとめ

■履修上の注意

自らの体験と照らし合わせながら講義を聴いて欲しい。

■授業方法

-

■評価方法

学期末レポート。

■授業テーマ

現代日本の教育問題

■授業の到達目標/育成する能力

「ゆとり教育」「子どもの学び」という二つの問題を中心に、現代日本の教育が直面している諸問題について洞察を深めること。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ