Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯学習論

担当者 河野 明日香
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

授業では、社会教育と生涯学習の概念、地域での社会教育のさまざまな実践(子ども、青年、成人、高齢者、外国人などの社会教育)、社会教育・生涯学習の法制度、NPOなど市民の自発的な学習活動、社会教育の施設、職員、行政、諸外国における生涯学習や国際成人教育の動向など、社会教育・生涯学習にかかわる基本的なことがらについて講義を行う。 

■授業計画

1.イントロダクション 現代社会における社会教育と生涯学習
2.子どもの学校外教育と地域文化の継承
3.障がい者・高齢者の学習 生涯を通じて学ぶ
4.成人女性の学習と男女共同参画社会
5.学校教育と社会教育の連携・協同
6.個々の学習権と社会教育・生涯学習の法制度 教育基本法、社会教育法における社会教育とは
7.社会教育・生涯学習と「公共性」 公教育制度としての社会教育
8.社会教育施設と人々の学び 社会教育の拠点としての公民館、博物館、図書館①
9.社会教育施設と人々の学び 社会教育の拠点としての公民館、博物館、図書館②
10.社会教育施設と人々の学び 社会教育の拠点としての公民館、博物館、図書館③
11.社会的排除の問題と社会教育
12.グローバル化する世界の社会教育・生涯学習
13.世界のCLC(Community Learning Center)
14.開発途上国と社会教育・生涯学習
15.まとめ、人生を通じた学びとは わたしたちの生涯における学びの構築

■履修上の注意

特になし/
授業で取り上げるトピックについて、主体的に文献やインターネット等で情報収集をし、考える機会を大切にしてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度30%、期末テスト70%

■授業テーマ

生涯学習と地域社会教育

■授業の到達目標/育成する能力

【到達目標】社会教育は学校外の社会での教育を広く総称した言葉であり、近年は、社会教育に類似したものとして生涯学習という言葉が広まっている。そこで、この講義では、社会教育、特に地域社会教育と生涯学習、生涯学習の国際的動向についての全体的な理解をし、問題意識を深め、自ら課題探求をすることを目標とする。
【育成する能力】知識・理解、態度・志向性

■教科書

指定しない。授業時に資料を配布する。

■参考書

末本誠・松田武雄編著『新版 生涯学習と地域社会教育』春風社、2010年

■WEBページ

-

 
ページTOPへ