Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

教育相談

担当者 横地 香代子
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

教育相談は、学校教育現場において児童生徒ひとりひとりの悩みや課題の相談に応じることで、その子どもの人格的成長支援を目指すものである。この授業では、学童期・思春期の人の成長について学び、教育現場で児童生徒に起こる問題について考えていく。そして、教育現場で子ども・保護者・関係者への対応ができるよう、教育相談の基本となるカウンセリング技法の基礎を学習する。

■授業計画

1.教育相談とは何かー総論およびオリエンテーション
2.子どもの「成長」を支える(1)ー発達段階からの理解
3.子どもの「成長」を支える(2)ーパーソナリティ論からの理解
4.子どもの「成長」を支える(3)ー精神医学的視点からの理解 前編
5.子どもの「成長」を支える(4)-精神医学的視点からの理解 後編
6.学校の中での問題現象⑴ いじめ・ハラスメント・学級崩壊
7.学校の中での問題現象⑵ 非行・虐待・自殺
8.学校の中での問題現象\u00002476 不登校
9.教育相談の実践(1) カウンセリングの基礎を学ぶ①
10.教育相談の実践(2) カウンセリングの基礎を学ぶ②
11.教育相談の実践(3) カウンセリングとコーチング
12.教育相談の実践(4) 保護者への支援
13.教育相談の実践(5) 支援のための連携・協働
14.学校危機管理
15.教員のメンタルヘルス

■履修上の注意

教職科目にも該当する科目のため、実践的知識に力点を置く

■授業方法

-

■評価方法

(1)教育相談に関する知識を理解しているか (2)理解した知識を援用して自分自身で考えることができるか という観点から評価する。授業内で行うワークへの取り組みと振り返り+レポートで評価する。

■授業テーマ

実践に生かす教育相談の基礎

■授業の到達目標/育成する能力

{知識・理解}教育相談の実践に活かすため、関連領域の知識や理論を学び、教育現場で生じている問題について理解する。
{技能・表現}相談面接(カウンセリング)の基本的な技法を習得し、実践活動に活用できるようになることを目指す。

■教科書

指定しない

■参考書

授業内で呈示する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ