Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会福祉論I

担当者 株本 千鶴
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

福祉と福祉政策、福祉の思想と哲学、社会政策と福祉政策、福祉政策の発展過程、少子高齢化時代の福祉政策、福祉政策における必要と資源、など。

■授業計画

1.「社会福祉」とは何か。オリエンテーション
2.社会の変化と福祉―市民権の確立と福祉国家の成立(第1章第1節~第2節)
3.社会の変化と福祉―福祉国家の変容(第1章第3節~第5節)
4.福祉と福祉政策―社会福祉の意味(第2章第1節~第2節)
5.福祉と福祉政策―社会福祉と福祉政策(第2章第3節)
6.福祉の思想と哲学―福祉を支える思想(第3章第1節)
7.福祉の思想と哲学―市場の論理と倫理(第3章第2節前半)
8.福祉の思想と哲学―市場の論理と倫理(第3章第2節後半)
9.社会政策と福祉政策―社会政策のなかの福祉政策(第4章第2節~第3節)
10.福祉政策の発展過程―近代化と福祉政策(第5章第1節)
11.福祉政策の発展過程―戦後改革と高度経済成長期の福祉政策(第5章第2
節)
12.福祉政策の発展過程―戦後改革と高度経済成長期の福祉政策(第5章第2
節)
13.少子高齢化時代の福祉政策―福祉元年以降の福祉政策(第6章第1節)
14.少子高齢化時代の福祉政策―1990年代・2000年代以降の福祉政策(第6章第2節前半)
15.少子高齢化時代の福祉政策―1990年代・2000年代以降の福祉政策(第6章第2節後半)

■履修上の注意

教科書は最新版を購入してください。/
言葉の意味を理解することを重視しますので、わからない用語は辞書で調べて理解できるようにしてください。

■授業方法

-

■評価方法

平常点(受講態度、ミニレポートなど:30%)、定期試験の成績(70%)による総合評価。私語は厳禁、質問は歓迎する。

■授業テーマ

福祉制度の概念・理念・原理

■授業の到達目標/育成する能力

現代社会における福祉制度の意義や理念、福祉政策との関係、福祉の原理をめぐる理論と哲学、福祉政策におけるニーズと資源などについて理解する。

■教科書

社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座4 現代社会と福祉』中央法規

■参考書

『社会福祉小六法』(ミネルヴァ書房)、厚生統計協会『国民の福祉の動向』など。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ