Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

地域福祉論II

担当者 鈴木 康仁
学科 人関
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

地域福祉のシステムを、障害者、児童、高齢者、生活困窮者、シングルマザー・シングルファーザーなどの生活実態から考え、かつ、その問題点にも触れていきたい。特に、歴史を振り返り、人権侵害の実態に迫りたい。また、時事問題を取り上げ、支援を必要とする人たちに加え、私たち自身の暮らしに地域福祉がどのように関与しているかについても考察したい。

■授業計画

1.講義内容オリエンテーションと講師紹介
2.地域福祉とは何か ① 
3.地域福祉とは何か ②
4.障害者と地域福祉 ①
5.障害者と地域福祉 ②
6.児童と地域福祉 ①
7.児童と地域福祉 ②
8.高齢者と地域福祉 ①
9.高齢者と地域福祉 ②
10.生活困窮者と地域福祉 ①
11.生活困窮者と地域福祉 ②
12.シングルマザー・シングルファーザーと地域福祉
13.地域における人権侵害と権利擁護①
14.地域における人権侵害と権利擁護②
15.まとめ 

■履修上の注意

履修にあたっては、福祉分野への関心はもとより、自らの生活や地域(生まれ育った市町村や今暮らしている市町村)への関心をもち、支援を必要としている人たちを、自らに置き換えて繰り返し考察してほしい。

■授業方法

-

■評価方法

期末試験70%、授業後に実施するアンケート用紙・ミニレポートの記載内容30%

■授業テーマ

支援を必要とする人たち(障害者、児童、高齢者、生活困窮者、シングルマザー、シングルファーザーなど)が地域社会において、自立した生活を営むために必要な支援サービスの内容とケアマネジメントの手法を、権利擁護の視点から考察する。

■授業の到達目標/育成する能力

1)新しい福祉サービスシステムとしての地域福祉を、支援を必要とする人たちの実態をもとに理解することができる。
2)人間の尊厳を理解し、権利を護ることの大切さを知ることができる。

■教科書

社会福祉士養成講座編集委員会編 『地域福祉の理論と方法-地域福祉論(新・社会福祉士養成講座9)第3版』中央法規出版

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ