Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会保障論I

担当者 中尾 友紀
学科 人関
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

総論として、1.社会保障制度の発達過程を概観し、社会保障の役割や理念、対象等を理解する。2.社会保障の前提となる家族、企業、地域、国家の相互関係が、大きく変化している状況を概観し、日本における社会保障制度の課題を理解する。各論として、医療保険制度及び介護保険制度の仕組みを理解する。

■授業計画

1.社会保障の成立:混合経済体制への転換
2.社会保障とナショナル・ミニマム:ライフサイクルと社会保障のニーズ
3.福祉国家の形成:ベヴァリッジ報告
4.社会保障の概念:所得再分配
5.社会保障の方法:社会保険・公的扶助・社会福祉
6.福祉国家の原理と社会保障:自助・共助・公助
7.雇用形態の変化と社会保障制度
8.社会保障給付費
9.医療保険制度の概要
10.健康保険と国民健康保険
11.医療保険の課題
12.事例検討:医療保険制度適用の具体的事例
13.介護保険制度の概要
14.介護保険制度の課題
15.事例検討:介護保険制度適用の具体的事例

■履修上の注意

特になし/
日頃から社会保障に関する時事問題に積極的に触れ、自らの意見を持つようにして欲しい。

■授業方法

-

■評価方法

定期試験の成績、授業中に行う小レポート、授業態度により総合的に評価する。定期試験は論述形式を予定している。主に授業によって得た知識を用いる等、できるだけ明確な根拠をもって現状、課題、展望等を論じることができているかどうかを重視する。

■授業テーマ

現代社会における社会保障のあり方及び現行日本の医療・介護保障

■授業の到達目標/育成する能力

現代社会における多様な生き方に対応した社会保障の基本的な仕組みを理解することで、自らのライフスタイルを主体的に選択できるようにする。

■教科書

椋野美智子・田中耕太郎著『はじめての社会保障』(有斐閣アルマ)

■参考書

授業中に適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ